ダラス・チャレンジャー2018 ドロー・トーナメント表

1月29日からRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラスが開幕します。
ニューポートで5ヶ月振りの復帰を果たした錦織選手の第2戦、
ニューポートでは状態は30%の出来とコメントしていた錦織選手でしたが
手首の状態は痛みはないもののまだ少し違和感があるということです。
ダラスは2月のニューヨークと同じインドアの環境なので
少しでも試合勘を取り戻す意味でも1つでも多く実戦を経験して欲しいと思います。
それにしても今回の初戦も再びデニス・ノビコブとの対戦です。
ダラス・チャレンジャーのドロー・トーナメント表が発表になりましたので
見てみましょう。


スポンサードリンク



( 2月5日追記 )
錦織圭復活 チャレンジャー優勝「18歳を思い出した」
インタビュー全文

「おかえり、ケイ」― 錦織V、復活に海外記者も太鼓判
「トップ10に肉薄している」


( 2月4日追記 )

錦織 圭(1) vs マッケンジー・マクドナルド
2-0 (6-1)(6-4) 錦織 圭(1)
ライブスコア→ http://live.tennis365.net/dallas/2018/5/index.php

チャレンジャーとは言え、錦織選手の久しぶりの優勝セレモニーです。
さすがに試合を重ねるにつれて錦織のプレーも徐々にアップ、
手首のために改善しているというサービスも少しずつ精度が上って
今日は要所々々サービスポイントに救われる場面も多くしだいに安定感を増している感もあります。
ただマクドナルドのフォア、バックともにプレーにミスが多く、
特にサービスはSFのD・クドラ戦では8本のエースを叩き込んでDFも1本だけだったのが
今日はエースはわずか1本、逆にDFは5本に上り
錦織にとってはミスに助けられた部分も多かったように思えます。
とは言え、2回戦のバッヒンガー戦やQFのケプファー戦に比べたら少しずつ進化、
おそらく気持ちよくニューヨークに向かえるのではないでしょうか。
いつもこういう試合の後はさらにギアをアップしてくる錦織選手なので
まだ復調は50~60%位かと思いますが、
ニューヨークでもそれなりの結果がついてくると思います。
新設でも、4連覇したメンフィス・オープンが変更になった大会で相性は抜群、
さらなるアップに期待しましょう。

錦織圭 vs マッケンジー・マクドナルド スタッツ

錦織 圭・決勝(ストリーミング)
https://www.atpworldtour.com/en/news/watch-nishikori-wednesday-dallas-2018

錦織快勝で下部ツアー6勝目/ダラス選手権決勝詳細


( 2月3日追記 )
錦織選手の決勝の相手はマッケンジー・マクドナルド(アメリカ 22歳・158位)。
何と言っても全豪オープン2回戦のディミトロフ戦がよもやの惜敗で一気に注目を集めましたが、
昨年はチャレンジャー中心に出場、GSは3回挑戦するもすべて予選2回戦止まり。
しかし今回のディミトロフ戦はフルセット2-3(6-4・2-6・4-6・6-0・6-8)と
第4セットを6-0で制すもファイナルを6-8で大金星を逃しています。

デニス・クドラ vs マッケンジー・マクドナルド
0-2 (4-6)(4-6) マッケンジー・マクドナルド


錦織 圭(1) vs ジェイソン・ジャング
2-0 (6-4)(6-4) 錦織 圭(1)
ライブスコア→ http://live.tennis365.net/dallas/2018/4/index.php

錦織選手の準決勝、
やはり試合を一つ一つ消化する度に徐々に復調の気配が感じられたことが何よりでしょう。
今日の試合も相変わらずミスはあったもののストロークは日を追うごとに安定感を増して
サービスも1stサーブのポイント獲得率が第1セット終了時で63%、
第2セットに入ってからは68%→70%→72%→71%と高い数字をキープ。
さらに良かったのは第1セットの第7ゲーム、第9ゲームのブレークでは
ともにバックハンドのダウンザラインが見事に炸裂、
これまでミスの多かった得意の錦織らしいショットが
要所々々、大事なところで決まっていました。
錦織にとっては復帰戦でチャレンジャーを選択したことはやはり結果的に良かったのか、
ここまで来たら優勝して欲しい気もしますが
明日の決勝は勝っても負けても、
勝敗に関係なくとにかく錦織らしいプレーをもっと見せてもらいたい。
ニューヨークでのATPツアー復帰に向けてゆっくりと戻して行って欲しいと思います。

錦織 圭・準決勝(ストリーミング)
https://www.atpworldtour.com/en/news/watch-nishikori-wednesday-dallas-2018

錦織、ツアー下部大会で決勝進出「この2週は練習だと思っていた」
錦織、快勝で決勝進出/ダラス選手権準決勝詳細


( 2月2日追記 )
錦織 圭(1) vs ドミニク・ケプファー
2-0 (7-6)(6-3) 錦織 圭(1)
ライブスコア→ http://live.tennis365.net/dallas/2018/3/index.php

錦織選手の準々決勝、
昨日の2回戦ほどではなかったものの相変わらずミスショットの多い錦織でしたが
そのためかストローク戦でもあえてリスクを負って思い切った攻めに行かないような場面が多く、
やはりまだストロークの調子が戻り切っていないことを自覚しているのか。
ただ1stサーブは2回戦よりはわずかに持ち直した感じで
第2セット後半は錦織らしい多彩なプレーでケプファーのミスを誘うシーンも見せてくれました。
しかし錦織としては考えられないような気の抜けた明らかなミスショットも多く
長く実戦を離れていた感覚を取り戻すことは大変なことなのだと感じさせられます。
それでも今は勝負よりも1試合でも多く実戦を体感することが一番の目的でしょう。
これで何とかベスト4、
次の相手はジェイソン・ジャング(台湾 28歳・234位)、
錦織とは初対戦になります。

錦織圭 vs ドミニク・ケプファー スタッツ

錦織 圭・準々決勝(ストリーミング)
http://www.atpworldtour.com/en/news/watch-nishikori-wednesday-dallas-2018

「世界ランク4位の流儀」を取り戻せ― 錦織、
コーチが語った完全復活の道しるべ

錦織ストレート勝ち4強/ダラス選手権準々決勝詳細
錦織圭、復帰2大会目で4強へ。苦戦と共に一歩ずつ復調

キャタピラー・バーニー国際 準決勝
西岡 良仁(2) vs ステファン・ロベール(5)
1-2 (3-6)(6-3)(4-6) ステファン・ロベール(5)


※スポナビライブで2018シーズンはテニス中継の配信を行わないという発表がありました。
何があったのか、とても残念です。


( 2月1日追記 )
錦織 圭(1) vs マティアス・バッヒンガー
2-1 (4-6)(6-4)(6-4) 錦織 圭(1)
ライブスコア→ http://live.tennis365.net/dallas/2018/2/index.php

錦織選手の2回戦、
第1セット立ち上がりはまだ色々なショットを試しているようなスタートで
時折タイミングの合わないミスも多い展開も、第3ゲームを先にブレーク。
しかし次の錦織の第4ゲームを自身のミスで0-40と追い込まれると
バッヒンガーにパッシングを決められブレークバックを許します。
その後はなんとかキープが続くも錦織の1stサーブが仲々決まらず終始追い込まれる展開で
第10ゲームも自らのミス連発で再びブレークを許して4-6で第1セットを落とします。

第2ゲームに入っても相変わらず錦織らしくないミスショットが続いて1stサーブも決まらず、
錦織の1stサーブのポイント獲得率は中盤まで40%台の苦しい展開。
それでもミスを意識してか、丁寧にストローク戦に対応しているかのように感じられ、
自身の第6ゲームをバッヒンガーに先行されながらも
ようやく錦織らしいパッシングウィナー・ドロップショットとポイント逆転、
最後もサービスポイントを見事に決めて流れを引き寄せようとします。
その後第8ゲームに3回のデュースに追い込まれるピンチがありながらも粘り強く対応すると、
直後の第9ゲームを0-40からブレークに成功。
そのまま第2セットを6-4で奪い返します。
とにかく今日の試合は1stサーブが全く決まらず、ショットもミスの連続。
それでも第3セット、苦しみながらも第7ゲームを先にブレーク、
何とかギリギリの展開でバッヒンガーに勝利しました。
所々にタイミングの合わないミスが多かったものの錦織らしいネットプレーも見られ
もっと試合を積めば徐々に調子もアップしていくと思いますが、
現時点では相手のランキングとかはもう関係なく、
今は錦織自身のプレーがどこまでできるか、それだけがポイントでしょう。
これでベスト8、準々決勝に期待しましょう。
準々決勝の相手はドミニク・ケプファー(ドイツ 23歳・295位)
錦織選手とは初対戦です。

錦織 圭・2回戦(ストリーミング)
http://www.atpworldtour.com/en/news/watch-nishikori-wednesday-dallas-2018

錦織圭8強入り 自己採点は30点「でも得るのも大きかった」
西岡良仁4強 高橋悠介は敗退
錦織、逆転勝ちで8強進出/ダラス選手権2回戦詳細


( 1月31日追記 )
OOP→ http://www.protennislive.com/posting/2018/695/op.pdf
ATPチャレンジャー公式サイトでライブストリーミングで無料観戦できます。
http://www.atpworldtour.com/en/atp-challenger-tour

錦織選手の2回戦の相手がマティアス・バッヒンガー(ドイツ・162位)に決定、
30歳のベテランでキャリアハイは85位の選手です。
今シーズンは全豪オープンで予選を勝ち抜いて本戦1回戦でD・ゴフィンに1-3で敗退、
先週のニューポートビーチでは準々決勝進出も、R・オペルカ(197位)に0-2で敗れています。
錦織とは今回が初対戦になります。

錦織圭の次代を担うのは西岡良仁だ。
再びツアーへ完全復活をアピール

西岡選手はオーストラリアのチャレンジャー「キャタピラー・バーニー国際」で
第2シードで出場、1回戦突破しています。
公式サイト
https://www.tennis.com.au/tournaments/pro-tournaments/australian-pro-tour/burnie
ドロー(PDF)
http://www.protennislive.com/posting/2018/5018/mds.pdf


( 1月30日追記 )
錦織 圭(1) vs デニス・ノビコブ
2-0 (6-3)(6-3) 錦織 圭(1)
ライブスコア→ http://live.tennis365.net/dallas/2018/1/index.php

錦織:1stサーブ確率60%、ポイント獲得率78%、2ndサーブポイント獲得率67%
エース2、ダブルフォルト3
ノビコブ:1stサーブ確率62%、ポイント獲得率58%、2ndサーブポイント獲得率36%
エース11、ダブルフォルト3
スタッツ→ http://www.atpworldtour.com/en/scores/2018/695/MS016/match-stats

錦織 圭・1回戦(ストリーミング)
https://www.atpworldtour.com/en/news/dallas-challenger-2018-nishikori-stream

錦織復帰第2戦 錦織圭 vs. デニス・ノビコフ 詳細
錦織圭 復帰第2戦勝利 「怪我は大丈夫」インタビュー全文

内田暁さんのコラム
錦織圭、戻らぬ試合勘…完全復活への道のりは険しいか
コラムにもある通り、マレー、ジョコビッチ、ワウリンカを見ても
やはり100%の状態に戻れるには例外なく時間がかかるものでしょう。
ようやくスタートラインに立ち一步を踏み出したことに価値を見出すべきで、
一喜一憂しないでゆっくりと見守って応援していきましょう。


( 1月29日追記 )
Googleで「RBC TENNIS CHAMPIONSHIPS OF DALLAS」と検索すると
試合結果・日程が表示されます。
錦織リベンジなるか、復帰第2戦の相手はまたしてもノビコフ


スポンサードリンク



ダラス・チャレンジャー・ロゴ

1月29日~2月4日
RBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス2018
開催地:ダラス(アメリカ・テキサス州)
会場:T バー M ラケット・クラブ
サーフェス:ハードコート(室内)
ドロー数:32
賞金総額:125,000ドル
ツアーカテゴリー:ATPチャレンジャー
大会公式サイト:http://www.tennischampionshipsofdallas.com/
大会公式ツイッター:https://twitter.com/tennischampsdal
大会公式フェイスブック:https://www.facebook.com/TennisChampionshipsOfDallas
大会公式インスタグラム:https://www.instagram.com/rbctennischamps/

大会日程:1月29日(月)~2月4日(日)

ダラス・チャレンジャー2018
出場選手

今大会のエントリーリストです。

・錦織 圭(24)
・フランシス・ティアフォー(81)
・テイラー・フリッツ(91)
・テニーズ・サングレン(97)
・ビョルン・フラタンジェロ(104)
・キャメロン・ノーリー(111)
・アレクサンダー・ブブリク(112)
・ヤニック・ハンフマン(115)
・ティム・スマイチェク(131)
・ステファノ・トラバグリア(132)
・ピーター・ポランスキー(139)
・伊藤 竜馬(156)
・ステファン・コズロフ(164)
・ダリアン・キング(177)
・フィリップ・ペリオ(185)
・デニス・クドラ(190)

※ランキングは1月15日更新

ダラス・チャレンジャー2018
ドロー・トーナメント表

ダラス・チャレンジャー2018の組み合わせドローが発表になりました。
大会ドロー表は随時更新していきます。
黄色枠が第1~第4シードの選手、青枠が第5~第8シードの選手です。
※WC:ワイルドカード(主催者推薦)

OOP→ http://www.protennislive.com/posting/2018/695/op.pdf
ATPチャレンジャー公式サイト→ http://www.atpworldtour.com/en/atp-challenger-tour
※ライブストリーミングで無料観戦できます。
Googleで「RBC TENNIS CHAMPIONSHIPS OF DALLAS」と検索すると
試合結果・日程が表示されます。


ダラス・チャレンジャー2018 ドロー・トーナメント表
ダラス・チャレンジャー2018 ドロー・トーナメント表


スポンサードリンク



ダラス・チャレンジャー2018
放送予定・試合日程

ダラス・チャレンジャー2018 試合日程(日本時間)
1回戦 1月29日(月)30日(火)
2回戦 1月31日(水)・2月1日(木)
準々決勝 2月2日(金)
準決勝 2月3日(土)
決 勝 2月4日(日)

日本とダラスとの時差は-15時間で
日本の方が15時間進んでいることになります。
したがってダラスで正午からの試合は日本時間で
翌日3:00~になります。

ダラス・チャレンジャー2018のテレビ放送はありませんが、
ニューポートに続いて錦織選手の復帰戦ということで
WOWOWからメンバーズオンデマンドにてライブ配信されることが決定しています。
※WOWOWメンバーズオンデマンドはWOWOW加入者が利用できるネット配信サービスです。

ATPチャレンジャー公式サイトでライブストリーミングで無料観戦できます。
http://www.atpworldtour.com/en/atp-challenger-tour

ダラス・チャレンジャー2018を
インターネット中継でPCで観戦する方法

試合はインターネット中継でPCで観戦しましょう。
下記の海外ストリーミングサイトで無料で観戦できます。

試合当日に試合名のリンクをクリックしましょう。
ただし、試合直前までリンクは表示されません。

「fromHOT.com」http://www.sportcategory.com/c-4.html

クリックすると視聴画面に20~30秒程度の広告が表示されます。
広告上部に秒数カウントが表示されますので、
それが0になって終了したら小さな × 印が表示されます。
その × 印をクリックして広告を消去すれば視聴できます。

何かソフトをインストールすることを薦めるような広告が表示されても
念のためダウンロードやインストールはしないようにしましょう。
またGoogle Chromeを使われている場合、
赤い警告画面が出ることがありますが、
何もインストールやダウンロードをしなければ問題ありません。
「詳細」から「このサイトにアクセスする」をクリックしてください。

次のサイトでも観戦することができます。

「HAHASPORT.COM」http://www.hahasport.com/c-4.html

観戦方法は上記サイトと全く同じで、広告を消去してから観戦してください。

テニス以外でも世界中のスポーツ大会が観戦できる
とても便利なサイトです。
上手に使ってライブ中継を楽しみましょう。

詳細は下記ページ・コメント欄へ

アルゼンチン・オープン2017 ドロー・トーナメント表
2月13日から始まる錦織選手の出場する アルゼンチン・オープン2017がブエノスアイレスで開幕します。 今年はアルゼンチン・オープンから...


スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする