全豪オープン2018(女子) ドロー・トーナメント表

1月15日に開幕する全豪オープンに日本人女子選手4名が本戦出場予定、
大坂なおみ選手をはじめ、日比野菜緒、奈良くるみ、
江口実沙の4選手に期待がかかります。
大坂なおみ選手の1回戦はクリスティーナ・クコバ(スロバキア・250位)と対戦。
クコバには昨年のマイアミ、オープン1回戦で大坂がストレートで勝利しています。
全豪オープンテニス・女子のドロー・トーナメント表が発表されていますので
見てみましょう。


スポンサードリンク



( 1月22日追記 )
シモナ・ハレプ(1) vs 大坂 なおみ
2-0 (6-3)(6-2) シモナ・ハレプ(1)
ライブスコア→ http://live.tennis365.net/Ausopen/2018/45/index.php

さすがにNo.1のハレプ、
これぞハレプ!というコートカバーリングはさすがの一言。
今大会ではアンフォーストエラーの数が常に相手より下回っていた大坂選手も
ミスの少ないハレプ相手に大幅にアップ。
それだけ厳しいショットで終始攻め続けたハレプならではの
経験値と展開力を最後まで見せつけられたゲームです。
3回戦まで大坂選手の幾多のピンチを救ってきたワイドへの1stサーブにも
ハレプは対策を練って臨んでいたようにも見えましたが、
それでも試合を通しては何度もハレプをデュースに追い込んでの今一步という内容で
8回のブレークポイントを握りながら攻めきれなかったのが残念ですが、
この試合が必ず今後の大坂選手の糧になるだろうと確信しています。
今シーズンはまだ始まったばかり、
今大会はメンタルでも大きく成長してのGS初のベスト16と
十分すぎる足跡を残した大会だったのではないでしょうか。
またランキングは72位ながらトップ20の選手にはもう当たり前のように勝ち、
トップ10の選手と言えども大坂選手には常に警戒が必要な選手であることも
証明してみせたといえます。
今年はどこまで進化して行くのか、次の大会がとても楽しみです。

大坂なおみ
 vs シモナ・ハレプ 第1セットスタッツ

大坂なおみ
 vs シモナ・ハレプ 第1セットスタッツ

大坂なおみ
1stサーブ確率:62% ポイント獲得率:59% 2ndサーブ確率:32%
S・ハレプ
1stサーブ確率:66% ポイント獲得率:65% 2ndサーブ確率:55%

大坂なおみは「リズムに混乱させられた」
世界女王の“揺さぶり”が敗因とWTA分析


( 1月21日追記 )
1月22日(月)OOP
シモナ・ハレプ(1) vs 大坂 なおみ 15:00~
Margaret Court Arena 第4試合です。
https://ausopen.com/schedules

海外メディアが大坂なおみの全豪ベスト16を
絶賛「雷サーブ」「謙虚だ」

大坂なおみ スタジオインタビュー(3回戦後)


( 1月20日追記 )
アシュリー・バーティ(18) vs 大坂 なおみ
0-2 (4-6)(2-6) 大坂 なおみ
ライブスコア→ http://live.tennis365.net/Ausopen/2018/34/index.php

大坂なおみ
 vs アシュリー・バーティ スタッツ

大坂なおみ
1stサーブ確率:69% ポイント獲得率:79% 2ndサーブ確率:42%
A・バーティ
1stサーブ確率:63% ポイント獲得率:67% 2ndサーブ確率:56%

4回戦は第1シードのS・ハレプとの対戦、
過去の対戦成績は大坂選手の0勝2敗。
2017年 マイアミ・オープン(R64) 4-6・6-2・3-6
2016年 全仏オープン(R32) 6-4・2-6・3-6

2016年の全仏当時はランキング101位ながら1回戦で当時36位で第32シード、
翌年に全仏を優勝することになるオスタペンコに勝利しての3回戦、
ハレプは当時ランキング6位で第6シード。
昨年のマイアミはランキング49位で出場、
1回戦で今大会と同じくC・クコバに勝っての2回戦、
当時のハレプはランキング5位で第3シード。
しかし2戦いずれも1セットは取ってファイナルまで持ち込んでいるので
さらに成長した感のある今回は十分にチャンスがあるかと思います。
さらに昨年の全仏をオスタペンコが優勝したファイナルがハレプとの対戦、
ここは同世代の大坂選手としても負けられない気持ちでしょう。

大坂なおみ、試合後の“粋な第一声”に海外称賛「タレントとカリスマがある」
「191キロの熱狂」― 大坂なおみ、
弾丸エースを大会公式絶賛「誰も止められない」



( 1月19日追記 )
全豪OPレポート:
理性と本能を両立させ大坂なおみが3回戦へ
初の4回戦目指し地元選手との大一番に挑む

大坂なおみ「小さなコートは好きじゃない」。
3回戦こそ大舞台で。

大坂なおみは「すべてにおいて偉大」
格上世界19位撃破を仏紙が絶賛

大坂なおみ インタビュー(2回戦後)
大坂なおみ スタジオインタビュー(2回戦後)
大坂 なおみ vs E.ベスニナ【ハイライト】


( 1月18日追記 )
エレーナ・ベスニナ(16) vs 大坂 なおみ
2-0 (7-6)(6-2) 大坂 なおみ
ライブスコア→ http://live.tennis365.net/Ausopen/2018/24/index.php

大坂選手の2回戦、ランキング19位のE・ベスニナを相手に快勝です。
ダブルスではGSを3度も優勝、昨年はインディアンウエルズで優勝、
2016年はウィンブルドンベスト4、
そのベスニナに第2セットはどちらが格上か分からないほどの内容でやや余裕の展開。
第1セットの立ち上がりは互角のスタートも、
第4ゲームを大坂選手がベスニナのDFから先にブレーク、
そのままセットを先取すると思いきや、ちょっと意識したのか
SFSの第9ゲームをDFのミスでブレークバックされてしまいます。
しかし次の第11ゲームを一時はBPを許しながらも3回のデュースの末に最後はエースでキープ。
このゲームの粘りが結果的にタイブレークの勝ちに繋がった感も・・・。
タイブレークはラッキーなコードボールからのウィナーでミニブレーク先行、
その後はベスニナのミスショットに救われて第1セットを先取しました。
ただエースは6本、ウィナーは16本と徐々にプレーもアップ、
その勢いで第2セットに突入すると第3ゲームを40-15からデュースに持ち込むと
最後はまたもラッキーなコードボールからフォアのウィナーが炸裂。
再び大坂選手が先にブレークに成功するとその後は流れが完全に大坂選手に・・・。
自身の第4・第6ゲームはいずれも3ポイントづつをサービスポイントで奪取、
さらに第6ゲームも最後はエースで閉める内容でプレーは尻上がりにアップ。
一方のベスニナはミスを連発、
第5ゲームも3回のデュースに追い詰められようやくキープしたものの
第7ゲームは大坂選手の見事なダウンザラインが炸裂して0-30から15-40、
最後も自らのドロップショットがネットにかかってのミスでまたもブレークを献上。
最後は大坂選手がSFMの第8ゲームをラブゲームでキープして6-2、
あっけなくストレートで2回戦を突破しました。
アンフォーストエラーは第1セットは17本あったものの第2セットはわずかに5本、
このまま好調でいつもの凡ミスが影を潜めるようなら次も期待できます。
次はおそらくはA・バーディ、地元オーストラリア期待のランキング17位の21歳。
大坂選手とは同世代で今日の内容なら十分3回戦突破も見えてきます。
楽しみに応援しましょう。

大坂なおみ
 vs エレーナ・ベスニナ 第1セットスタッツ

大坂なおみ
 vs エレーナ・ベスニナ スタッツ

G.ムグルッサ vs S.スーウェイ【ハイライト】
M.シャラポワ vs A.セバストワ【ハイライト】


( 1月16日追記 )
大坂 なおみ vs クリスティーナ・クコバ
2-0 (7-5)(6-2) 大坂 なおみ
ライブスコア→ http://live.tennis365.net/Ausopen/2018/9/index.php

大坂なおみ
 vs クリスティーナ・クコバ スタッツ

日比野 菜緒 vs ドナ・ベキッチ
0-2 (5-7)(3-6) ドナ・ベキッチ
ライブスコア→ http://live.tennis365.net/Ausopen/2018/19/index.php

奈良 くるみ vs マルケータ・ヴォンドロショーヴァ
0-2 (5-7)(4-6) マルケータ・ヴォンドロショーヴァ

大坂なおみ インタビュー(1回戦後コートサイド)
大坂 なおみ vs K.クコバ【ハイライト】
日比野菜緒 インタビュー(1回戦後)
日比野 菜緒 vs D.ベキッチ【ハイライト】
奈良くるみ インタビュー(1回戦後)
奈良 くるみ vs M.ヴォンドロショーヴァ【ハイライト】


( 1月15日追記 )
ヤナ・フェット vs 江口 実沙
2-0 (6-3)(6-2) ヤナ・フェット
J.フェット vs 江口 実沙【ハイライト】 
ライブスコア→ http://live.tennis365.net/Ausopen/2018/11/index.php

内田暁さんのコラム
大坂なおみ、ついに「心技体」が揃う。
全豪で3回戦の壁を越えられるか

前回準Vヴィーナスも初戦敗退、好調ベンチッチに屈す


スポンサードリンク



全豪オープン・ロゴ

1月15日~1月28日
全豪オープンテニス2018(女子)
開催地:メルボルン(オーストラリア)
会場:メルボルン・パーク
サーフェス:ハードコート
ドロー数:128
ツアーカテゴリー:グランドスラム
優勝賞金:4,000,000豪ドル(約3億5000万円)
賞金総額:55,000,000豪ドル(約48億2400万円)
大会公式サイト:https://ausopen.com/
大会公式ツイッター:https://twitter.com/australianopen
大会公式フェイスブック:https://www.facebook.com/AustralianOpen
大会公式インスタグラム:https://www.instagram.com/australianopen/
大会公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/australianopentv

大会日程:1月15日(月)~1月28日(日)

全豪オープン2018(女子) ドロー・トーナメント表

全豪オープン2018(女子)の組み合わせ・ドローが発表されました。
トーナメント表はA・B・C・Dの4ブロックで、準決勝はAとB、CとDが対戦します。
黄色枠が第1~第4シードの選手、青枠が第5~第8シードの選手です。
大会ドロー表は随時更新していきます。
※Q:予選通過者 WC:ワイルドカード(主催者推薦) LL:ラッキールーザー

1月23日(火)全豪オープン(女子) 9日目 準々決勝 試合予定
エリナ・スビトリナ(4) vs エリス・メルテンス 11:00~
キャロライン・ウォズニアッキ(2) vs カルラ・スアレスナバロ 19:00~
OOP→ https://ausopen.com/schedules


全豪オープン2018(女子) ドロー・トーナメント表 A
全豪オープン2018(女子) ドロー・トーナメント表


全豪オープン2018(女子) ドロー・トーナメント表 B
全豪オープン2018(女子) ドロー・トーナメント表


全豪オープン2018(女子) ドロー・トーナメント表 C
全豪オープン2018(女子) ドロー・トーナメント表


全豪オープン2018(女子) ドロー・トーナメント表 D
全豪オープン2018(女子) ドロー・トーナメント表


スポンサードリンク



全豪オープン2018(女子) 試合日程・放送予定

全豪オープン2018(女子) 日程:1月15日(月)~1月28日(日)

全豪オープン・試合日程
全豪オープン 1回戦 1月15日(月)・16日(火)
全豪オープン 2回戦 1月17日(水)・18日(木)
全豪オープン 3回戦 1月19日(金)・20日(土)
全豪オープン 4回戦 1月21日(日)・22日(月)
全豪オープン 準々決勝 1月23日(火)・24日(水)
全豪オープン 準決勝 1月25日(木)
全豪オープン 決 勝 1月27日(土)

全豪オープン2018(女子) 放送予定時間

日本とメルボルンとの時差は+2時間で
日本の方が2時間遅れていることになります。
したがってメルボルンで正午からの試合は日本時間でAM10:00~になります。

全豪オープンはNHK・総合では録画になりますが連日深夜に放送、
WOWOWでは毎日・朝9時頃と夕方5時頃からライブ放送されます。

NHK・総合テレビ 放送予定 (日本時間)
1月16日(火)~1月29日(月)
深夜0:10~0:40(ダイジェスト)
http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennis/

WOWOW 放送予定 (日本時間)
全豪オープン(女子) 1回戦
1月15日(月)
8:30~ 13:00~ 16:45~(ライブ)
1月16日(火)
8:55~ 16:50~(ライブ)

全豪オープン(女子) 2回戦 
1月17日(水)・1月18日(木)
8:55~ 16:50~(ライブ)

全豪オープン(女子) 3回戦 
1月19日(金)・20日(土)
8:55~ 16:50~(ライブ)

全豪オープン(女子) 4回戦 
1月21日(日)・22日(月)
8:55~ 16:50~(ライブ)

全豪オープン(女子) 準々決勝 
1月23日(火)
8:55~ 16:50~(ライブ)
1月24日(水)
8:55~ 12:00~ 17:20~(ライブ)

全豪オープン(女子) 準決勝 
1月25日(木)
11:55~(ライブ)

全豪オープン(女子) 決 勝 
1月27日(土) 17:15~(ライブ)
1月31日(水) 20:30~(録画)
http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/australia/

全豪オープン2018(女子)を
インターネット中継でPCで観戦する方法

NHK・WOWOWで観ることのできない試合は
インターネット中継でPCで観戦しましょう。
下記の海外ストリーミングサイトで無料で観戦できます。

試合当日に試合名のリンクをクリックしましょう。
ただし、試合直前までリンクは表示されません。

「fromHOT.com」http://www.sportcategory.com/c-4.html

クリックすると視聴画面に20~30秒程度の広告が表示されます。
広告上部に秒数カウントが表示されますので、
それが0になって終了したら小さな × 印が表示されます。
その × 印をクリックして広告を消去すれば視聴できます。

何かソフトをインストールすることを薦めるような広告が表示されても
念のためダウンロードやインストールはしないようにしましょう。
またGoogle Chromeを使われている場合、
赤い警告画面が出ることがありますが、
何もインストールやダウンロードをしなければ問題ありません。
「詳細」から「このサイトにアクセスする」をクリックしてください。

次のサイトでも観戦することができます。

「HAHASPORT.COM」http://www.hahasport.com/c-4.html

観戦方法は上記サイトと全く同じで、広告を消去してから観戦してください。

テニス以外でも世界中のスポーツ大会が観戦できる
とても便利なサイトです。
上手に使ってライブ中継を楽しみましょう。

詳細は下記ページ・コメント欄へ

アルゼンチン・オープン2017 ドロー・トーナメント表
2月13日から始まる錦織選手の出場する アルゼンチン・オープン2017がブエノスアイレスで開幕します。 今年はアルゼンチン・オープンから...


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする