スイス・インドア2017 ドロー・トーナメント表

10月23日からバーゼルでスイス・インドア2017が開幕します。
当初エルステバンク・オープンに出場予定だった杉田選手はこちらに出場です。
昨年は錦織選手がチリッチに敗れて惜しくも準優勝だった大会ですが、
第1シードはここで毎年強さを見せているR・フェデラーです。
昨年は残念ながら欠場も今年2月にフェデラーがバーゼルと
2019年までの出場契約に同意したとの発表、
少なくともあと2年はフェデラーのプレーを見ることができるのはうれしい限りです。
また杉田選手の1回戦はカナダの注目の若手、D・シャポバロフ、
順調に勝ち進むと準々決勝でフェデラーと対戦する組み合わせです。
スイス・インドア2017のドロー・トーナメント表を見てみましょう。


スポンサードリンク



( 10月30日追記 )
ロジャー・フェデラー(1) vs フアンマルティン・デルポトロ(4)
2-1 (6-7)(6-4)(6-3) ロジャー・フェデラー(1)


苦しかったフェデラー、念願だった2年ぶりの地元大会優勝。
決勝で相性わるい強敵デル ポトロを撃破


( 10月26日追記 )
「Next Gen ATP Finals」の7名が確定しました。
1位のA・ズベレフはATPツアーファイナル出場のため辞退したようです。
http://www.nextgenatpfinals.com/

2 アンドレイ・ルブレフ 1219
3 カレン・カチャノフ 1045
4 デニス・シャポバロフ 971
5 ジャリッド・ドナルドソン 890
6 ボルナ・コリッチ 886
7 チョン・ヒョン 805
8 ダニル・メドイデフ 772


( 10月25日追記 )
J・ドナルドソン、B・コリッチの「Next Gen ATP Finals」が確定しました。
これで6人確定で8人目はイタリアで開催される21歳以下のトーナメントの勝者と決まっているので
実質あと1人ということになります。
C・ヒョンとD・メドイデフか、と思われますがC・ヒョンは2回戦のゴフィン戦に注目。
メドイデフはフランスの「ブレスト・チャレンジャー」に出場とのことです。

https://twitter.com/nextgenfinals

一方、ATPツアーファイナルもディミトロフ、チリッチが確定して残り2人です。
そういう意味ではC・ヒョンとD・ゴフィンの対戦は面白くなりそうです。
1 ラファエル・ナダル 10465
2 ロジャー・フェデラー 8505
3 アレキサンダー・ズベレフ 4400
4 ドミニク・ティエム 3725
5 グリゴール・ディミトロフ 3560
6 マリン・チリッチ 3535
7 スタン・ワウリンカ 3150
8 ダビド・ゴフィン 2750
9 パブロ・カレーノブスタ 2605
10 ノバク・ジョコビッチ 2985
11 サム・クエリー 2525
12 ケビン・アンダーソン 2470
※10月23日付レースランキング

https://twitter.com/ATPWorldTour


( 10月24日追記 )
杉田 祐一 vs デニス・シャポバロフ
1-2 (6-4)(2-6)(6-7) デニス・シャポバロフ

第1セットはシャポバロフにミスが目立ち、
第3ゲームを杉田が先にブレークしてからは杉田にやや有利な落ち着いた展開でしたが、
第2セットに入るとシャポバロフが闘志をむき出しにしてギアアップ。
いきなり杉田の第2ゲームをブレークするとやや粗さが目立つプレーが多いものの
フォアサイドのボールが少しでも甘くなると
強烈なウィナーを左右に打ち込まれる場面が多く見られて完全にシャポバロフのペース。
またサーブも好調で1stサービスのポイント獲得率はなんと100%、
6本のエースを打ち込まれています。

第1セット
杉田:1stサーブ確率52%、ポイント獲得率86%、2ndサーブポイント獲得率69%
エース1、ウィナー4、アンフォーストエラー11
シャポバロフ:1stサーブ確率52%、ポイント獲得率69%、2ndサーブポイント獲得率60%
エース2、ウィナー6、アンフォーストエラー11

第2セット
杉田:1stサーブ確率50%、ポイント獲得率64%、2ndサーブポイント獲得率36%
エース1、ウィナー2、アンフォーストエラー3
シャポバロフ:1stサーブ確率72%、ポイント獲得率100%、2ndサーブポイント獲得率60%
エース6、ウィナー15、アンフォーストエラー5

第3セットも先にシャポバロフが第4ゲームをブレーク成功するも
杉田も第7ゲームをブレークバック。
ただ第3ゲームにBPを握って攻めていながらブレークできなかったのが悔やまれます。
やはりここはミラノに向けてシャポバロフのモチベーションがやや上回ったのか、
杉田選手にとってはシャポバロフのミスも多かっただけに残念です。

スポナビライブ見逃し→ https://sports.mb.softbank.jp/live/player/13089
ライブスコア→ http://live.tennis365.net/basel/2017/1/index.php

杉田はネクストジェネレーションのシャポバロフに
タイブレークの激戦の末敗れる

杉田に勝利したシャポバロフ、
ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ 出場権獲得

フェデラー 同胞の引退試合観戦

10月23日更新の「Race to Milan」です。
21歳以下の上位7名とワイルドカード1名の計8名が優勝を争います。

1 アレキサンダー・ズベレフ 4490
2 アンドレイ・ルブレフ 1219
3 カレン・カチャノフ 1045
4 デニス・シャポバロフ 926
5 ジャリッド・ドナルドソン 890
6 ボルナ・コリッチ 886
7 ダニル・メドイデフ 772
8 チョン・ヒョン 760
9 フランシス・ティアフォー 662

10 ステファノス・チチパス 547
11 テイラー・フリッツ 504
12 アレクサンダー・ブブリク 504

8番目の当落線上のチョン・ヒョンが1回戦を突破、
J・ドナルドソンとともに今大会は注目です。


( 10月23日追記 )
杉田 祐一 vs デニス・シャポバロフ 2:00~

スポナビライブで無料視聴できます。
http://sports.mb.softbank.jp/genre/tennis

D・シャポバロフはこの1回戦で杉田選手に勝てば
「NEXT GEN ATPファイナルズ」出場が確定するようです。
そういう意味ではモチベーションの差がポイントになるかもしれません。

ネクストジェネレーション・ATPファイナルズの出場権争いも最後の戦いへ


スポンサードリンク



スイス・インドア ロゴ

10月23日~10月29日
スイス・インドア2017
開催地:バーゼル(スイス)
サーフェス:ハードコート(室内)
ドロー数:32
ツアーカテゴリー:ATP500シリーズ
賞金総額: 1,837,425ユーロ

大会公式サイト:http://www.swissindoorsbasel.ch/en-us/
大会公式ツイッター:https://twitter.com/_Swiss_Indoors
大会公式フェイスブック:https://www.facebook.com/swissindoorsbasel/
大会公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC-JGpEDuk8DDdUxlF2uGdSw

大会日程:10月23日(月)~10月29日(日)

スイス・インドア2016 錦織圭 vs M・チリッチ 決勝ハイライト

スイス・インドア2017
ドロー・トーナメント表

スイス・インドア2017のドロー・トーナメント表が発表されました。
大会ドロー表は随時更新していきます。
黄色枠が第1~第4シードの選手、青枠が第5~第8シードの選手です。
※Q:予選通過者 WC:ワイルドカード(主催者推薦) SE:スペシャルイグザンプト LL:ラッキールーザー

10月29日(日)スイス・インドア 7日目 決勝 試合予定
ロジャー・フェデラー(1) vs フアンマルティン・デルポトロ(4) 23:00~
OOP→ goo.gl/7sGwZT


スイス・インドア2017 ドロー・トーナメント表
スイス・インドア2017 ドロー・トーナメント表


スポンサードリンク



スイス・インドア 6日目・準決勝ハイライト

スイス・インドア 5日目・準々決勝ハイライト

スイス・インドア 4日目・2回戦ハイライト

スイス・インドア 3日目・1・2回戦ハイライト

スイス・インドア 2日目・1回戦ハイライト

スイス・インドア 1日目・1回戦ハイライト


杉田選手の1回戦は注目の若手、
「ネクスト・ ジェネレーション ATPファイナルズ」のレースランキングで
4位につけているD・シャポバロフ(カナダ・50位)との対戦です。
アントワープでは1回戦で敗れていますが現在の杉田選手の力関係がどのくらいか、
楽しみな対戦です。
杉田選手、順当に勝ち上がれば2回戦は再びA・マナリノとの対戦で、
今年は因縁があるのか、なんとこれで4回目の顔合わせ。
2017年 楽天ジャパン・オープン(QF) 6-2・6-4 マナリノ
2017年 ウィンブルドン(R64) 6-1・5-7・4-6・7-6・6-2 マナリノ
2017年 アンタルヤ・オープン(F) 6-1・7-6 杉田

現在は1勝2敗で今回はぜひリベンジして欲しいと思います。


●スイス・インドア 過去10年の優勝・準優勝選手
スイス・インドア 過去10年の優勝・準優勝選手

フェデラーはこの大会で2006年以降2015年まで10回の大会でなんと7回の優勝、
残り3回も準優勝と決勝に進まなかった年は無く、まさに独壇場です。
上海の後にナダルが膝の負傷で欠場を発表、
そうなると好調で迎えたフェデラーの決勝進出は今年も必至というところでしょう。

スイス・インドア2017
試合日程・放送予定

スイス・インドア2017 日程:10月23日(月)~10月29日(日)

日本とバーゼルの時差は-7時間で、
日本の方が7時間進んでいることになりますから
正午からの試合の場合は日本時間で19:00からになります。

スイス・インドア2017試合日程
1回戦 10月23日(月)・24日(火)
2回戦 10月25日(水)・26日(木)
準々決勝 10月27日(金)
準決勝 10月28日(土)
決 勝 10月29日(日)

スイス・インドア2017はATP500シリーズなので
BS朝日とGAORAが放送を予定していますが、
BS朝日は決勝のみを録画で放送予定です。
NHK・WOWOWの放送予定はありません。

スイス・インドア2017・BS朝日放送予定
スイス・インドア 決 勝 
10月30日(月) 1:00~3:00(録画)
10月31日(火) 23:00~24:00(ハイライト)
http://www.bs-asahi.co.jp/ATP-500/

スイス・インドア2017・GAORA放送予定時間(日本時間)
スイス・インドア 1回戦 
10月24日(火) 2:00~6:30 22:00~7:00(ライブ)

スイス・インドア 1・2回戦 
10月25日(水) 22:00~7:00(ライブ)

スイス・インドア 2回戦 
10月26日(木) 22:00~7:00(ライブ)

スイス・インドア 準々決勝 
10月27日(金) 22:00~7:00(ライブ)

スイス・インドア 準決勝 
10月28日(土) 21:28~2:30(ライブ)

スイス・インドア 決 勝 
10月29日(日) 22:50~2:00(ライブ)
http://www.gaora.co.jp/tennis/2387190

※スポナビライブでも1・2回戦は無料視聴できます。(3回戦以降は有料)
10月24日(火)2:00~・20:00~(ライブ)
10月25日(水)・26日(木)20:00~(ライブ)
ライブ→ http://sports.mb.softbank.jp/genre/tennis
ライブ番組表→ https://sports.mb.softbank.jp/live/programs

GAORA・BS朝日で観られない試合はインターネット中継を利用してPCで観戦しましょう。

スイス・インドア2017を
インターネット中継でPCで観戦する方法

GAORA・BS朝日で観ることのできない試合は
インターネット中継でPCで観戦しましょう。
下記の海外ストリーミングサイトで無料で観戦できます。

試合当日に試合名のリンクをクリックしましょう。
ただし、試合直前までリンクは表示されません。

「fromHOT.com」http://www.sportcategory.com/c-4.html

クリックすると視聴画面に20~30秒程度の広告が表示されます。
広告上部に秒数カウントが表示されますので、
それが0になって終了したら小さな × 印が表示されます。
その × 印をクリックして広告を消去すれば視聴できます。

何かソフトをインストールすることを薦めるような広告が表示されても
念のためダウンロードやインストールはしないようにしましょう。
またGoogle Chromeを使われている場合、
赤い警告画面が出ることがありますが、
何もインストールやダウンロードをしなければ問題ありません。
「詳細」から「このサイトにアクセスする」をクリックしてください。

次のサイトでも観戦することができます。

「HAHASPORT.COM」http://www.hahasport.com/c-4.html

観戦方法は上記サイトと全く同じで、広告を消去してから観戦してください。

テニス以外でも世界中のスポーツ大会が観戦できる
とても便利なサイトです。
上手に使ってライブ中継を楽しみましょう。

詳細は下記ページ・コメント欄へ
アルゼンチン・オープン2017 ドロー・トーナメント表


スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする