メルセデス・カップ2017 ドロー・トーナメント表

クレーコートシーズンが終って舞台はグラスコートへ。
7月のウィンブルドンに向けてメルセデス・カップがシュツットガルト(ドイツ)で、
リコー・オープンがスヘルトーヘンボス(オランダ)でスタートします。
シュツットガルトではフェデラーが3月のマイアミ優勝以来の出場、
この後はハレを経由してウィンブルドン制覇を目指します。
メルセデス・カップ2017のドロー・トーナメント表が発表されています。


スポンサードリンク



( 6月18日追記 )
ルーカス・プイユ(4) vs フェリシアーノ・ロペス
2-1 (4-6)(7-6)(6-4) ルーカス・プイユ(4)



( 6月15日追記 )
ロジャー・フェデラー(1) vs トミー・ハース
1-2 (6-2)(6-7)(4-6) トミー・ハース


メルセデス・カップ ロゴ

6月12日~6月18日
メルセデス・カップ2017
開催地:シュツットガルト(ドイツ)
会場:テニスクラブ・ヴァイセンホーフ
サーフェス:グラスコート(芝)
ドロー数:28
賞金総額:630,785ユーロ
ツアーカテゴリー:ATP250シリーズ
大会公式サイト:https://www.mercedescup.de/en/
大会公式ツイッター:https://twitter.com/mercedescup

7月にドイツのシュツットガルトで開催されていたATP250の大会ですが
2014年までのクレーコートの大会を2015年から芝コートに変更、
6月開催となってウィンブルドンのプレ大会としての意味合いが強くなっています。

今年の注目もここが復帰戦となる第1シードのR・フェデラーです。
フェデラーは現在35歳で8月が誕生日なのでもうすぐ36歳を迎えますが、
この大会が芝コートに変更された2015年に2年契約で2017年まで出場することを発表。
ファンにとっては少なくとも2年間はフェデラーの姿がまだ見れるものと安心したものですが、
実はフェデラーは次のハレでは大会サイドと2010年に「生涯出場確約契約」を結んでいて
現役でいる限りは出場することを明言しています。
さらに地元スイスのバーゼルとも2019年まで大会出場の契約に今年同意したとのことで、
ケガでもない限りが最低でもあと2年はフェデラーのプレーが見られることが確約されています。

今年は全豪、ドバイ、インディアンウェルズ、マイアミと
4大会しか出場してないにもかかわらず3大会での優勝。
クレーの大会をスキップしたのもこの十分すぎる結果に加え、
2019年までは現役続行による出場契約を交わしていることを考慮しての
判断なのだろうと思います。

今年はそのフェデラーが第1シード、
昨年も出場していたものの不調でATP250ながらシードから外れていたディミトロフが
復活の第2シード、
昨年のツアーファイナル出場を逃してから今一步の成績が続いているベルディヒが第3シード、
一方、昨年の始めは90位だったランキングを今は17位まで押し上げてきた
L・プイユがWCで第4シードです。
また今シーズンで引退を発表しているT・ハースも地元開催でWCで出場、
毎年ここで好成績を上げているP・コールシュライバーやM・ズベレフも出場、
ちなみに弟のサーシャはスヘルトーヘンボスの方に出場予定です。
ATP250ながらとても良いメンバーが揃って楽しみな大会になっています。

メルセデス・カップ2016 準決勝
R・フェデラー vs D・ティエム



メルセデス・カップ歴代優勝者
2016年:ドミニク・ティエム(オーストリア)
2015年:ラファエル・ナダル(スペイン)
2014年:ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)
2013年:ファビオ・フォニーニ(イタリア)
2012年:ヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)
2011年:フアン・カルロス・フェレーロ(スペイン)
2010年:アルベルト・モンタニェス(スペイン)
2009年:ジェレミー・シャルディー(フランス)
2008年:フアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)
2007年:ラファエル・ナダル(スペイン)
2006年:ダビド・フェレール(スペイン)
2005年:ラファエル・ナダル(スペイン)

2014年までクレーコートの大会だったこともあって過去の歴代優勝選手も
スペインのいわゆるクレーコーターの活躍が目立っていた大会でしたが、
今後はフェデラーやディミトロフ、コールシュライバーなど
ウィンブルドンに照準を合わせた選手の出場で傾向が変ってくるでしょう。

メルセデス・カップ2017 ドロー・トーナメント表

メルセデス・カップ2017のドロー・トーナメント表が発表されました。
黄色枠が第1~第4シードの選手、青枠が第5~第8シードの選手です。
大会ドロー表は随時更新していきます。
※Q:予選通過者 WC:ワイルドカード(主催者推薦) PR:プロテクトランキング

6月18日(日)メルセデス・カップ 7日目・決勝 試合予定
ルーカス・プイユ(4) vs フェリシアーノ・ロペス 20:00~
OOP→ goo.gl/fCey6x


メルセデス・カップ2017 ドロー・トーナメント表
メルセデス・カップ2017 ドロー・トーナメント表


スポンサードリンク



メルセデス・カップ2017を
インターネット中継でPCで観戦する方法

テレビ放送などの予定はないのでインターネット中継でPCで観戦しましょう。
下記の海外ストリーミングサイトで無料で観戦できます。

試合当日に試合名のリンクをクリックしましょう。
ただし、試合直前までリンクは表示されません。

「fromHOT.com」http://www.sportcategory.com/c-4.html

クリックすると視聴画面に20~30秒程度の広告が表示されます。
広告上部に秒数カウントが表示されますので、
それが0になって終了したら小さな × 印が表示されます。
その × 印をクリックして広告を消去すれば視聴できます。

何かソフトをインストールすることを薦めるような広告が表示されても
念のためダウンロードやインストールはしないようにしましょう。
またGoogle Chromeを使われている場合、
赤い警告画面が出ることがありますが、
何もインストールやダウンロードをしなければ問題ありません。
「詳細」から「このサイトにアクセスする」をクリックしてください。

次のサイトでも観戦することができます。

「HAHASPORT.COM」http://www.hahasport.com/c-4.html

観戦方法は上記サイトと全く同じで、広告を消去してから観戦してください。

テニス以外でも世界中のスポーツ大会が観戦できる
とても便利なサイトです。
上手に使ってライブ中継を楽しみましょう。

詳細は下記ページ・コメント欄へ
アルゼンチン・オープン2017 ドロー・トーナメント表


スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする