バルセロナ・オープン2017 ドロー・トーナメント表

4月24日から錦織選手の出場するバルセロナ・オープン2017が開幕、
2014年・2015年と2連覇、昨年も準優勝した相性のいい大会だけに、
この後のマドリード、ローマと続くクレーのマスターズ1000に向けて
再び良いスタートが切れるのか・・・、
今一步結果が出ていない今シーズンの錦織選手にとって
現状を占う意味でも試金石となる大会です。


スポンサードリンク



( 5月1日追記 )
ラファエル・ナダル(3) vs ドミニク・ティエム(4)
2-0 (6-4)(6-1) ラファエル・ナダル(3)


( 4月28日追記 )
パブロ・カレーノブスタ(7) vs 杉田 祐一
0-2 (3-6)(3-6) 杉田 祐一

杉田祐一 vs P・カレーノブスタ戦スタッツ


( 4月26日追記 )
リシャール・ガスケ(9) vs 杉田 祐一
1-2 (6-4)(3-6)(6-7) 杉田 祐一

杉田祐一 vs R・ガスケ戦スタッツ

スポナビライブ・見逃し→ http://sports.mb.softbank.jp/live/player/6790
※スポナビライブで2回戦まで無料観戦できます。
http://sports.mb.softbank.jp/genre/tennis


( 4月24日追記 )
錦織圭 早ければ5・8開幕マドリードOPで復帰へ


( 4月23日追記 )
錦織選手、バルセロナ欠場です。
右手首の痛みが再発したということで残念です。
錦織選手と入れ替わりにB・ペールが第17シードとして入ります。

錦織 バルセロナOP欠場
錦織、右手首痛でバルセロナ・オープン欠場
アプリで「凄く残念」

公式アプリ→ http://www.keisapp.com/w/kei-nishikori/
※会員登録は無料です。


( 4月22日追記 )
ドローセレモニー→ goo.gl/xxHZTJ

マレーがWCで急遽バルセロナにエントリーしたようです。
したがって錦織選手は第2シードの予定になります。
またA・ズベレフもWCで参戦です。
エントリーリストも更新されています。
公式サイト・News→ goo.gl/yeutZT
エントリーリスト→ https://www.barcelonaopenbancsabadell.com/en/players

モンテカルロ敗退のマレーがバルセロナに飛び入り参加


錦織圭
出展:http://chum2001.jugem.jp/?eid=71

4月24日~4月30日
バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル2017
開催地:バルセロナ(スペイン)
会場:レアル・クラブ・デ・テニス
サーフェス:クレーコート
ドロー数:48
賞金総額:2,324,905ユーロ
ツアーカテゴリー:ATP500シリーズ
大会公式サイト:https://www.barcelonaopenbancsabadell.com/en
大会公式ツイッター:https://twitter.com/bcnopenbs

大会日程:4月24日(月)~4月30日(日)

マレー、ジョコビッチの欠場で期待の大きかった
マイアミでの膝や手首の故障による敗戦から3週間、
錦織選手にとってマドリード、ローマ、全仏と続くヨーロッパ・クレーシーズンが開幕です。
今シーズン、全仏での第4シードを目標にクレーに重点を置いた
2月のスケジュール変更が思わぬ結果に終わり、それが尾を引いたかのようにマイアミでも不調。
南米のクレーコート環境が合わなかったとも言われているようですが・・・、
過去に相性のいいこの大会が錦織の現状を知るまさに試金石となる大会。
何とか好結果を残してこの後のマスターズ、GSに希望を繋いで欲しいものです。

錦織選手がバルセロナをヨーロッパのクレーシーズンのスタートとして選んだのが2011年から。
その後は毎年この大会に出場して2014年・2015年と連覇、
2016年も決勝でナダルに敗れたものの準優勝しています。
しかし多くのトップ選手は現在開催されているモンテカルロ・マスターズから
クレーシーズンをスタートすることが一般的で
トップ10でモンテカルロを欠場するローテーションを毎年組んでいるのは錦織だけです。
もちろんモンテカルロがトップ選手に出場義務を課していないことや
最近は好結果が出ているだけに気分良くこの後のマスターズに進んでいけるという利点はあるものの
なぜ錦織だけがモンテカルロを毎年回避してバルセロナを選択しているのか。

どうやら「チーム圭」によるフィジカル強化のためのトレーニングプランが理由のようです。
この件については2016年の内田暁さんのコラムに詳しく書かれていますが、
2013年以降、「チーム圭」では「ピリオダイゼーション」と呼ばれる
独特なトレーニングメソッドを取り入れていてシーズン中にトレーニング期間を複数設けることで
錦織の体力強化に臨んでいるというものです。
したがってマイアミ後の3週間はこのためのトレーニング期間として
あえて設定した「大会不出場期間」で、
他の多くのトップ選手も取り入れている手法だということです。
また多くの選手がヨーロッパを地盤としているのに対してアメリカを拠点としている錦織にとって
この時期の長期ヨーロッパ遠征によるタイトな大会スケジュールも負担になっているようで、
そう考えるとモンテカルロの回避は錦織にとって必要不可欠なルーティンとも言え、
それが好結果に繋がっているのかも知れません。

参照:内田暁さんのコラム(2016.4.18)
錦織圭がマスターズ1000大会を
欠場してまで2週間休む理由

ランキング5位浮上の錦織圭は
クレーシーズンを制することができるのか?


スポンサードリンク



錦織選手 バルセロナ・オープン・過去の成績

・2011年 ランキング48位で出場
R64:ペレ・リバ(スペイン・76) 6-2・RET
R32:ルイ・マシャド(ポルトガル・95) 6-1・6-4
R16:フェリシアーノ・ロペス(スペイン・42) 4-6・6-7
※マドリード:1回戦敗退

・2012年 ランキング17位で出場
R32:ミハイル・ククシュキン(カザフスタン・55) 6-3・4-6・6-0
R16:アルベルト・ラモス(スペイン・43) 7-6・6-3
QF:フェルナンド・ベルダスコ(スペイン・20) 2-4・RET
ベスト8進出も腹筋の痛みで途中棄権、
ウィンブルドンまでこの後のクレーシーズンを全て欠場

・2013年 ランキング15位で出場
R32:ギエルモ・オラソ(スペイン・309) 6-1・6-3
R16:アルベルト・ラモス(スペイン・64) 4-6・6-7
※マドリード:3回戦でフェデラーに勝利、
QFでP・アンドゥーハルに敗退もベスト8

・2014年 ランキング17位(第4シード)で出場
R32:ロベルト・バウティスタアグート(スペイン・45) 6-1・4-6・6-3
R16:アンドレイ・ゴルベフ(カザフスタン・60) 6-0・6-4
QF:マリン・チリッチ(クロアチア・27) 6-1・6-3
SF:エルネスツ・ガルビス(ラトビア・23) 6-2・6-4
F:サンティアゴ・ヒラルド(コロンビア・65) 6-2・6-2
ツアー5勝目でクレー初タイトル
※マドリード:決勝は途中棄権でナダルに惜敗するも準優勝

・2015年 ランキング5位(第1シード)で出場
R32:ティムラズ・ガバシュビリ(ロシア・85) 6-3・6-4
R16:サンティアゴ・ヒラルド(コロンビア・31) 6-2・6-1
QF:ロベルト・バウティスタアグート(スペイン・16) 6-2・3-6・6-1
SF:マルティン・クリザン(スロバキア・28) 6-1・6-2
F:パブロ・アンドゥーハル(スペイン・66) 6-4・6-4
バルセロナ2連覇
※マドリード:SFでマレーに敗れるもベスト4

・2016年 ランキング6位(第2シード)で出場
R32:ティエモ・デ バッカー(オランダ・102) 6-4・6-2
R16:ジェレミー・シャルディー(フランス・33) 6-3・7-5
QF:アレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ・30) 7-5・6-0
SF:ブノア・ペール(フランス・22) 6-3・6-2
F:ラファエル・ナダル(スペイン・5) 4-6・5-7
ナダルに完敗も準優勝
※マドリード:SFでジョコビッチに敗退も2年連続ベスト4

スペイン国内ではマドリード・オープンに次ぐ格付けの大会だけに
2013年まではナダルが8回の優勝、
フェレールが4回の準優勝と常にこの2人が活躍していた大会です。
しかし2014年はそのフェレールが初戦敗退、ナダルもQFで敗退。
また2015年もナダルがフォニーニに3回戦で敗退、
フェレールもSFでP・アンドゥーハルに敗退とこの両者との対戦が無かったため
2年連続で決勝は明らかに格下が相手となり錦織にとってはラッキーな一面も・・・。
昨年はFまで勝ち進んだナダルに完敗だった印象が残っていますが、
今年もナダルが好調なだけにFでは再びナダルとの対戦も十分。
果たして昨年のリベンジとなるのか・・・注目です。


バルセロナ・オープン2016 決勝 錦織圭 vs R・ナダル

バルセロナ・オープン2017 出場選手

今大会の上位16シード・エントリーは次のようになっています。
錦織選手は第2シードの予定です。

1 アンディ・マレー(1) WC
2 錦織 圭(5) 欠場
3 ラファエル・ナダル(7)
4 ドミニク・ティエム(9)
5 ダビド・ゴフィン(13)
6 ロベルト・バウティスタアグート(18)
7 パブロ・カレーノブスタ(19)
8 アレキサンダー・ズベレフ(20) WC
9 リシャール・ガスケ(22)
10 アルベルト・ラモス ビノラス(24)
11 パブロ・クエバス(27)
12 フィリップ・コールシュライバー(30)
13 ダビド・フェレール(33)
14 ミーシャ・ズベレフ(35)
15 ジョアン・ソウザ(36)
16 フェリシアーノ・ロペス(39)
17 ブノア・ペール(40)

バーナード・トミック(43)
ダニエル・エバンズ(44)
カイル・エドモンド(45)
カレン・カチャノフ(52)
トマス・ベルッシ(53)
ニコラス・アルマグロ(57)
マレク・ジャジリ(60)
マルセル・グラノリェルス(65)
ケビン・アンダーソン(67)
ジェレミー・シャルディー(71)
トミー・ロブレド(300)
https://www.barcelonaopenbancsabadell.com/en/players
※ランキングは4月17日更新
※マレーとズベレフがWCでエントリーです。
※ベルディヒがモンテカルロのチリッチ戦で肩を痛めたためバルセロナ棄権のようです。

ATP500とは言え、ナダルにベルディヒ、ティエム、ゴフィン、
かつての宿敵、ガスケやペールも今の錦織にとっては気になる存在で仲々の好メンバー。
一発の力を秘めた曲者揃いで気の抜けない大会になりそうです。

バルセロナ・オープン2017
ドロー・トーナメント表

バルセロナ・オープン2017のドロー・トーナメント表が発表されました。
黄色枠が第1~第4シードの選手、青枠が第5~第8シードの選手です。
大会ドロー表は随時更新していきます。
※Q:予選通過者 WC:ワイルドカード(主催者推薦) LL:ラッキールーザー

4月30日(日)バルセロナ・オープン 7日目・決勝 試合予定 
ラファエル・ナダル(3) vs ドミニク・ティエム(4) 23:00~
OOP→ goo.gl/HrF8To


バルセロナ・オープン2017 ドロー・トーナメント表 A
バルセロナ・オープン2017 ドロー・トーナメント表


バルセロナ・オープン2017 ドロー・トーナメント表 B
バルセロナ・オープン2017 ドロー・トーナメント表


スポンサードリンク



バルセロナ・オープン 6日目・準決勝ハイライト

バルセロナ・オープン 5日目・準々決勝ハイライト

バルセロナ・オープン 4日目・3回戦ハイライト

バルセロナ・オープン 3日目・2回戦ハイライト

バルセロナ・オープン 2日目・1・2回戦ハイライト

バルセロナ・オープン 1日目・1回戦ハイライト


マレーのWCでのエントリーで錦織選手は第2シードでの出場です。
錦織選手の試合がランキング通りに進むと仮定すると、
次のような対戦になります。

2回戦   VS マレク・ジャジリ(チュニジア・60)

3回戦   VS ジョアン・ソウザ(ポルトガル・36)

準々決勝 VS ダビド・ゴフィン(ベルギー・13)

準決勝  VS ラファエル・ナダル(スペイン・7)

決  勝  VS アンディ・マレー(イギリス・1)

錦織選手は2回戦からの出場で
初戦はM・ジャジリ(チュニジア・60位)か
M・グラノリェルス(スペイン・65位)との対戦です。
この両者は今年3月のインディアンウェルズ・2回戦ですでに対戦していますが
当時はグラノリェルスが第32シードでジャジリはシード外だったものの
ジャジリが7-5・6-3のストレートで勝っています。
ただ過去の対戦成績はグラノリェルスが2勝1敗で勝ち越しているので
錦織としてはここはどちらも対戦の可能性があります。
錦織との過去の対戦成績はジャジリとは初対戦、
グラノリェルスとは錦織の2勝0敗、
しかし対戦したのは2012年の2012年のシンシナティと2008年のストックホルムで
最近の対戦はなくあまり参考にはなりません。
実績はジャジリよりはグラノリェルスの方が上でツアー優勝4回のうちクレーが3回、
地元スペインの選手だけに怖い面もありますが
バルセロナでは過去5年で3回戦を突破していません。
ただ2015年には2回戦でツォンガに勝っていてノーマークは危険でしょう。

初戦を突破すれば3回戦は第15シードのJ・ソウザ(ポルトガル・36位)との対戦でしょう。
ポルトガル出身の選手ながらこのバルセロナを拠点にしている選手でまさにここが地元。
錦織選手とは2月のブエノスアイレスのQFで対戦したのが記憶に新しいところですが
その時は6-1・6-4のストレートの勝利での完勝。
ソウザのやや単調な攻めとミスが多かったことで全く不安の無い試合でした。
ただ昨年は全豪・ウィンブルドン・全米ですべて3回戦に進出、
地元マドリードでもベスト8と力を発揮していて波に乗ると侮れない部分もあるでしょう。
錦織との過去の対戦成績は1勝1敗、
ブエノスアイレスの前に昨年の楽天ジャパン・オープン2回戦で
錦織の棄権での敗退があります。

そして準々決勝はおそらくD・ゴフィンとの対戦でしょうが、
モンテカルロでワウリンカを破ったクレー巧者のP・クエバスも侮れない存在です。
一方、ゴフィンもジョコビッチを破る大金星と両者ともに絶好調。
勢いがあるだけに錦織にとってがまずはこのあたりが鬼門となります。
錦織とゴフィンの過去の対戦成績は錦織の3勝0敗、
いずれも2015年に対戦していてマイアミ、マドリード、モントリオールと
3回のマスターズでまだ負けはありません。
いつも書いているようにゴフィンと錦織にはまだ力差があると思っているので
問題は現在の調子だけ。
そういう意味ではゴフィンに勢いのある分、要注意ですが
錦織が本来の力を出し切れば全く不安のない相手だと思っています。
むしろP・クエバスの方が勝ち上がってくるようなら怖い存在かも知れません。
ちなみにクエバスと対戦成績は錦織の1勝0敗ですが
2011年のものなのであまり参考になりません。

いずれにしてもこのQFまではぜひとも勝ち上がってナダル戦を迎えて欲しいものです。
今年復活のナダルには今の錦織ではちょっと厳しいかもしれませんが
次のマドリードに向けてまさにこの大会が試金石です。
熱戦を期待したいと思います。


バルセロナ・オープン 過去10年の優勝・準優勝選手
バルセロナ・オープン 過去10年の優勝・準優勝選手

表の赤文字はすべてスペインの選手で優勝争いに絡まなかったのは2014年だけ、
さすがに地元スペインのクレーコーターの活躍が目立っています。


スポンサードリンク



バルセロナ・オープン2017 試合日程・放送予定

バルセロナ・オープン2017 日程:4月24日(月)~4月30日(日)

バルセロナ・オープン2017・試合日程 ( )は日本時間
バルセロナ・オープン 1回戦
4月24日(月)・25日(火)11:00~(18:00~)
バルセロナ・オープン 2回戦
4月25日(火)・26日(水)11:00~(18:00~)
バルセロナ・オープン 3回戦
4月27日(木)11:00~(18:00~)
バルセロナ・オープン 準々決勝
4月28日(金)12:30~(19:30~)
バルセロナ・オープン 準決勝
4月29日(土)13:30~(20:30~)
バルセロナ・オープン 決 勝
4月30日(日)14:30~(21:30~)

日本とバルセロナの時差は−7時間(サマータイム中)で
日本の方が7時間進んでいることになります。
したがって現地で11時からの試合は日本では18時からになります。
テレビ放送はGAORAとBS朝日が放送予定です。
BS朝日の放送予定はまだ発表されていません。

GAORA 放送時間(日本時間)
バルセロナ・オープン 1回戦 
4月25日(月) 18:00~27:30(ライブ)

バルセロナ・オープン 2回戦 
4月25日(月)・26日(火) 21:30~27:30(ライブ)

バルセロナ・オープン 3回戦
4月27日(水) 18:00~27:30(ライブ)

バルセロナ・オープン 準々決勝
4月28日(金) 19:30~5:00(ライブ)

バルセロナ・オープン 準決勝
4月29日(土) 20:28~26:30(ライブ)

バルセロナ・オープン 決 勝
4月30日(日) 22:50~26:30(ライブ)
http://www.gaora.co.jp/tennis/2024891

※スポナビライブでも1・2回戦は無料で観戦できます。(3回戦以降は有料)
4月24日(月)~27日(水) 18:00~(ライブ)
ライブ番組表→ http://sports.mb.softbank.jp/live/programs 
http://sports.mb.softbank.jp/genre/tennis

BS朝日・GAORAで観られない試合はインターネット中継を利用してPCで観戦しましょう。

バルセロナ・オープン2017を
インターネット中継でPCで観戦する方法

BS朝日・GAORAで観ることのできない試合は
インターネット中継でPCで観戦しましょう。
下記の海外ストリーミングサイトで無料で観戦できます。

試合当日に試合名のリンクをクリックしましょう。
ただし、試合直前までリンクは表示されません。

「fromHOT.com」http://www.sportcategory.com/c-4.html

クリックすると視聴画面に20~30秒程度の広告が表示されます。
広告上部に秒数カウントが表示されますので、
それが0になって終了したら小さな × 印が表示されます。
その × 印をクリックして広告を消去すれば視聴できます。

何かソフトをインストールすることを薦めるような広告が表示されても
念のためダウンロードやインストールはしないようにしましょう。
またGoogle Chromeを使われている場合、
赤い警告画面が出ることがありますが、
何もインストールやダウンロードをしなければ問題ありません。
「詳細」から「このサイトにアクセスする」をクリックしてください。

次のサイトでも観戦することができます。

「HAHASPORT.COM」http://www.hahasport.com/c-4.html

観戦方法は上記サイトと全く同じで、広告を消去してから観戦してください。

テニス以外でも世界中のスポーツ大会が観戦できる
とても便利なサイトです。
上手に使ってライブ中継を楽しみましょう。

詳細は下記ページ・コメント欄へ
アルゼンチン・オープン2017 ドロー・トーナメント表


スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする