リオ・オープン2017 ドロー・トーナメント表・放送予定

2月20日からは錦織選手の出場する
リオ・オープン2017がブラジル・リオデジャネイロで開幕します。
ブエノスアイレスでは順調に勝ち進んでいる錦織選手ですが
早くも次のリオ・オープン2017のドロー・トーナメント表が発表されています。
ランキング4位獲得に向けてここも優勝を狙ってもらいましょう。


スポンサードリンク



( 2月27日追記 )
ドミニク ティエム(2) vs パブロ・カレーノブスタ(4)
2-0 (7-5)(6-4) ドミニク ティエム(2)


( 2月22日追記 )
錦織 圭(1) vs トマス・ベルッシ
0-2 (4-6)(3-6) トマス・ベルッシ
錦織選手のリオ・オープン1回戦、
T・ベルッシにまさかのストレート敗退、信じられません。
ブエノスアイレスの時から何か錦織選手にいつものキレがないような印象で
球足の遅いクレーコートのせいかと思っていたのですが・・・。
もっとも今日の試合はベルッシのサービスが良かったのもありますが
錦織にミスが多すぎで完全にゲームの流れを相手に支配され続けていました。

第1セット、序盤は互いにキープが続くもベルッシはサーブが好調。
しかも強烈なフォアハンドで攻め込むベルッシに
錦織はストローク戦で打ち負けるシーンも目立っていつもの流れをつかみきれない厳しい展開です。
第9ゲームをフォアとバックのミスで15-30とポイント先行されると
30-30に巻き返すも再び錦織のフォアがネットにかかってブレークピンチ。
最後も錦織のフォアのミスでベルッシにブレークを許してしまいます。
そしてSFSの第10ゲームもベルッシのドロップショットとサービスポイント、
さらに錦織のフォアのミスでセットポイント。
最後はストローク戦から錦織のネットインショットが甘くなり
ベルッシにウィナーを叩かれて第1セットを失ってしまいます。
すると錦織がラケットを地面に叩きつけるシーンも・・・。
こんな悔しがり方をする錦織というのはちょっと見たことがなく
これがブエノスアイレスから今一歩乗り切れていないキモチの表れかもしれません。
この南米シリーズの2大会は本来ならトップシードとして
どちらも優勝しなければならなかった大会でもあり、
またあえて例年と違うスケジュールを選択した今シーズン、
ここは好スタートを切らなければいけなかったというプレッシャーもあったと思われます。
見ている方が辛くなる場面でもありました。
第1セット、
錦織:1stサーブ確率54%、ポイント獲得率77%、2ndサーブポイント獲得率73%
アンフォーストエラー11
ベルッシ:1stサーブ確率71%、ポイント獲得率80%、2ndサーブポイント獲得率63%
アンフォーストエラー7

第2セットもベルッシの勢いは衰えません。
第1セットをいきなりブレークされるも、第4ゲームをベルッシの連続ミスでブレークバック。
ここで流れを引き戻せるかと思いきや、
第7ゲームに再びベルッシにブレークを許してしまいます。
しかも15-0から錦織としては信じられない3連続ミスショットで15-40のブレークピンチ。
最後も錦織のフォアがミスショットでアウトと錦織らしくないミスの連続。
そして3-5で迎えた錦織の第9ゲーム。
再び錦織のミスショット連続で15-40のマッチポイントを握られると
2度のデュースにもつれ込むも、
4度目のマッチポイントに最後は錦織のネットボレーがわずかにアウトで3-6。
まさかのストレート敗退となってしまいました。
第2セット、
錦織:1stサーブ確率69%、ポイント獲得率55%、2ndサーブポイント獲得率30%
ベルッシ:1stサーブ確率46%、ポイント獲得率75%、2ndサーブポイント獲得率50%

これで次はハードコートに戻って3月8日からのインディアンウェルズですが、
今日のショックから早く立ち直って得意のマイアミに向けて
好スタートを切ってもらいたいものです。
スタッツ→ goo.gl/qhVcfB

錦織、まさかのストレートで初戦敗退/リオOP詳細
日刊スポーツ

スポナビライブ(見逃し)配信中です。
錦織圭 vs トマス・ベルッシ
http://sports.mb.softbank.jp/live/player/5061

スポナビライブ→ http://sports.mb.softbank.jp/genre/tennis


( 2月21日追記 )
錦織圭、クレー2戦目はリオOP
早めの対策は全仏優勝を本気で狙う証


( 2月20日追記 )
リオOP初戦で錦織と対戦の地元選手、
“番狂わせ”に意欲「サプライズ起こす」

1回戦に対戦するT・ベルッシが錦織打倒に燃えているみたいです。
しかし錦織がクレーが苦手だと思っているというのは意外でしたが・・・。
それよりもSFでまたA・ドルゴポロフと当たりそうな気配。
ただブエノスアイレスでは久しぶりのツアー優勝に錦織とはモチベーションが違ったみたいです。
錦織にとってはあくまで目標はもっと先・・・、
おそらくマドリードが現実的には最大目標でしょうか。

内田暁さんのコラム
今季初Vを逃がした錦織圭 得意のクレーで感じた“怖さ”とは?
内田暁さんは2007年から錦織選手の取材を始められたそうですが
幼い頃からの「錦織圭」が克明に描かれていて小説を読んでいるよう・・・。
記事にはいつも感動させられます。


スポンサードリンク



錦織圭
出展:http://chum2001.jugem.jp/?eid=71

2月20日~2月26日
リオ・オープン2017
開催地:リオデジャネイロ(ブラジル)
サーフェス:クレーコート
ドロー数:32
優勝総額: 1,461,560ドル
ツアーカテゴリー:ATP500シリーズ
大会公式サイト:http://www.rioopen.com/
大会公式ツイッター:https://twitter.com/RioOpenOficial

大会日程:2月20日(月)~2月26日(日)

錦織選手が昨年のオリンピックで銅メダルを獲った思い出の地・リオデジャネイロ。
例年ならメキシコ・アカプルコに出場している錦織ですが、
スケジュール的にも3月4日まで続くメキシコ・オープンから
3月6日に始まるBNPパリバ・オープンへのタイトな日程が
リオ出場によって1週間以上の余裕ができることになります。
ここで優勝してゆったりとしたローテーションでインディアンウェルズ、マイアミと
今年目標としているマスターズに向って欲しいものです。

エントリーされているメンバーを見ても錦織選手にとって十分優勝を狙える顔ぶれです。
ブエノスアイレスに出場していない選手で上位シードは
唯一ロッテルダムから参戦のD・ティエムですが、
はっきり言ってティエムとの力関係は錦織の方がまだ十分に格上の存在だと思っています。
さらにハードコートから今回が初のクレーコートのティエムと
すでにクレーを経験している錦織との間にアドバンテージもあります。
まずここは間違いなく優勝争いでしょう。

ちなみにランキング4位のラオニッチの次の大会は2月20日からデルレイビーチ、
2月27日からメキシコ・オープン(アカプルコ)の予定です。
また6位のR・ナダルの次戦はアカプルコの予定です。
2月13日付のランキングポイントは
錦織:4625ポイント、ラオニッチ:4930ポイント、ナダル:4295ポイントです。

リオ・オープン2017 出場選手

今大会の上位シード・エントリーは次のようになっています。
錦織選手はブエノスアイレスに続いて第1シードになります。

1 錦織 圭(5)
2 ドミニク・ティエム(8)
3 パブロ・クエバス(22)
4 パブロ・カレーノブスタ(25)
5 アルベルト・ラモス ビノラス(26)
6 ダビド・フェレール(27)
7 パオロ・ロレンツィ(37)
8 ジョアン・ソウザ(41)

ファビオ・フォニーニ(43)
フェデリコ・デルボニス(45)
ディエゴ・シュワルツマン(50)
ステファン・ロベール(64)
アレクサンドル・ドルゴポロフ(66)
オラシオ・セバジョス(69)
トマス・ベルッシ(75)
ファクンド・バグニス(78)
ガスタン・エリアス(79)
グイド・ペジャ(83)
チアゴ・モンテイロ(84)
ロヘリオ・ドゥトゥラ・シルバ(88)
レンゾ・オリボ(92)
ヤンコ・ティプサレビッチ(94)
ドゥシャン・ラヨビッチ(95)
ジェラルド・メルツァー(101)
キャスパー・ルード(201)
トミー・ロブレド

http://www.rioopen.com/jogadores-simples
※ランキングは2月13日更新

リオ・オープン2017
ドロー・トーナメント表

リオ・オープン2017のドロー・トーナメント表が発表されました。
大会ドロー表は随時更新していきます。
黄色枠が第1~第4シードの選手、青枠が第5~第8シードの選手です。
※Q:予選通過者 WC:ワイルドカード(主催者推薦) PR:プロテクトランキング

2月27日(月)リオ・オープン 7日目・決勝試合予定 
ドミニク ティエム(2) vs パブロ・カレーノブスタ(4) 5:00~
OOP→ goo.gl/I8Thvw


リオ・オープン2017 ドロー・トーナメント表
リオ・オープン2017 ドロー・トーナメント表


スポンサードリンク



リオ・オープン 6日目ハイライト

リオ・オープン 5日目ハイライト

リオ・オープン 4日目ハイライト

リオ・オープン 3日目ハイライト

リオ・オープン 2日目ハイライト

リオ・オープン 1日目ハイライト


錦織選手はブエノスアイレスに続いて第1シードでの出場です。
錦織選手の試合がランキング通りに進むと仮定すると、
次のような対戦になります。

1回戦   VS トマス・ベルッシ(ブラジル・75)

2回戦   VS ガスタン・エリアス(ポルトガル・79)

準々決勝 VS ジョアン・ソウザ(ポルトガル・41)

準決勝  VS ダビド・フェレール(スペイン・27)

決  勝  VS ドミニク・ティエム(オーストリア・8)

錦織選手の1回戦はトマス・ベルッシ(ブラジル・75位)との対戦。
最近はランキングを下げていますがクレーのスペシャリストとして過去ツアー優勝4回、
準優勝3回とすべてがクレーの大会で自己最高ランキングは2010年に21位という選手です。
昨年はキトで優勝、リオ五輪ではベスト8まで進みナダルに敗れています。
錦織との対戦成績は錦織の1勝0敗、
2014年の全仏オープン(R64)でのストレート勝ちです。
T・ベルッシは地元ではとても期待されている選手なので
錦織としては再び完全アウェーの中での戦いになりますが頑張って欲しいです。

2回戦はガスタン・エリアス(ポルトガル・79位)です。
G・エリアスと言うと、昨年にストックホルムで第1シードのモンフィスを破って
番狂わせを演じたのが目立った成績で最近ようやく100位圏内に入ってきた選手です。
ここはT・モンテイロの方が来るかもしれませんが、
どちらにしてもこの2回戦まではまず錦織の順当な勝ち上がりでしょう。

そして準々決勝はブエノスアイレスに続いて再びJ・ソウザでしょうか。
ブエノスアイレスではミスが多く錦織の完勝でしたが、
それが本来のソウザのプレーではなかったとも思われ、
元々は全豪、ウィンブルドン、全米ともに3回戦まで進出、
昨年のマドリードでもベスト8という選手だけに今度は力を発揮してくるでしょう。
一応は要注意です。

ソウザに勝てば順当なら準決勝はフェレール戦です。
ブエノスアイレスではC・ベルロクに敗れてこのところ不振が続くフェレールですが
まずはこの準決勝まで勝ち進めるかが問題の厳しいドローです。
初戦にA・ドルゴポロフ、次にC・ベルロク、P・カレーノブスタと難敵揃いで
もし勝ち進んで来るようなら錦織とも当然接戦になるでしょうが、どうでしょうか。

そして決勝はD・ティエムです。
錦織との対戦成績は錦織の2勝0敗、
昨年のローマ(QF)で錦織の6-3・7-5の勝利。
2015年のハレでの7-6・7-5の2勝です。
いつも言っているように、ティエムやゴフィンは今の錦織とはまだ力の差があると思っています。
今回もおそらく負けることはないでしょう。

リオ・オープン 過去3年の優勝・準優勝選手
リオ・オープンは2014年に新設された大会のため3年間のデータしかありません。

2016年 優勝:パブロ・クエバス 準優勝:グイド・ペジャ
2015年 優勝:ダビド・フェレール 準優勝:ファビオ・フォニーニ
2014年 優勝:ラファエル・ナダル 準優勝:アレクサンドル・ドルゴポロフ


スポンサードリンク



リオ・オープン2017 放送予定・試合日程

日本とリオデジャネイロの時差は-12時間で、
日本の方が12時間進んでいることになりますから
正午からの試合の場合は日本時間で24:00からになります。

リオ・オープン2017 試合日程
1回戦 2月20日(月)・21日(火)
2回戦 2月22日(水)・23日(木)
準々決勝 2月24日(金)
準決勝 2月25日(土)
決 勝 2月26日(日)

リオ・オープン2017はATP500シリーズなので
BS朝日とGAORAが放送を予定しています。
NHK・WOWOWの放送予定はありません。

リオ・オープン2017・GAORA 放送予定時間(日本時間)
リオ・オープン 1回戦 
2月20日(月) 28:30~11:00(ライブ)
2月21日(火) 28:30~12:00(ライブ)

リオ・オープン 2回戦 
2月22日(水) 28:30~11:00(ライブ)
2月23日(木) 28:30~11:00(ライブ)

リオ・オープン 準々決勝 
2月24日(金) 27:00~11:00(ライブ)

リオ・オープン 準決勝
2月25日(土) 28:58~10:00(ライブ)

リオ・オープン 決 勝 
2月26日(日) 28:58~8:30(ライブ)
http://www.gaora.co.jp/tennis/2024891

リオ・オープン2017・BS朝日 放送予定
錦織選手の1・2回戦は録画、準々決勝以降に進出した場合はライブ放送。
http://www.bs-asahi.co.jp/ATP-500/index.html

GAORA・BS朝日で観られない試合はインターネット中継を利用してPCで観戦しましょう。

リオ・オープン2017を
インターネット中継でPCで観戦する方法

GAORA・BS朝日で観ることのできない試合は
インターネット中継でPCで観戦しましょう。
下記の海外ストリーミングサイトで無料で観戦できます。

試合当日に試合名のリンクをクリックしましょう。
ただし、試合直前までリンクは表示されません。

「fromHOT.com」http://www.sportcategory.com/c-4.html

クリックすると視聴画面に25~30秒程度の広告が表示されます。
広告上部に秒数カウントが表示されますので、
それが0になって終了したら小さな × 印が表示されます。
その × 印をクリックして広告を消去すれば視聴できます。

何かソフトをインストールすることを薦めるような広告が表示されても
念のためダウンロードやインストールはしないようにしましょう。
またGoogle Chromeを使われている場合、
赤い警告画面が出ることがありますが、
何もインストールやダウンロードをしなければ問題ありません。
「詳細」から「このサイトにアクセスする」をクリックしてください。

次のサイトでも観戦することができます。

「HAHASPORT.COM」http://www.hahasport.com/c-4.html

観戦方法は上記サイトと全く同じで、広告を消去してから観戦してください。

テニス以外でも世界中のスポーツ大会が観戦できる
とても便利なサイトです。
上手に使ってライブ中継を楽しみましょう。

詳細は下記ページ・コメント欄へ
アルゼンチン・オープン2017 ドロー・トーナメント表


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする