ウエスタン&サザンオープン2016(シンシナティ)ドロー表

リオオリンピック後すぐに、8月15日(月)から
ウエスタン&サザンオープン(シンシナティ・マスターズ)2016が開幕します。
この大会を錦織選手は2014年は右足親指の手術で欠場、
昨年もロジャーズ・カップ後の臀部の負傷や疲労もあって
欠場を余儀なくされ2年ぶりの出場になります。
今年はフェデラーが今シーズン全ての大会の欠場を決めたため錦織選手は第6シード、
8月8日付の最新ランキングではラオニッチに逆転されて7位での出場になります。


スポンサードリンク



( 8月22日追記 )
アンディ・マレー(1) vs マリン・チリッチ(12)
0-2 (4-6)(5-7) マリン・チリッチ(12)

ウエスタン&サザンオープン2016 決勝ハイライト

( 8月21日追記 )
アンディ・マレー(1) vs ミロシュ・ラオニッチ(4)
2-0 (6-3)(6-3) アンディ・マレー(1)

マリン・チリッチ(12) vs グリゴール・ディミトロフ
2-1 (4-6)(6-3)(7-5) マリン・チリッチ(12)

ウエスタン&サザンオープン7日目・準決勝ハイライト

内田 暁さんのコラム
シンシナティ現地レポ:
“幸運なる敗者”の土居美咲、全米オープンのシード確保へ

( 8月20日追記 )
スティーブ・ジョンソン vs グリゴール・ディミトロフ
0-2 (6-7)(2-6) グリゴール・ディミトロフ

ミロシュ・ラオニッチ(4) vs ドミニク・ティエム(8)
2-0 (6-3)(6-4) ミロシュ・ラオニッチ(4)

マリン・チリッチ(12) vs ボルナ・コリッチ
(6-2)(0-0)棄権 マリン・チリッチ(12)

アンディ・マレー(1) vs バーナード・トミック
2-0 (6-4)(6-4) アンディ・マレー(1)

ウエスタン&サザンオープン6日目・準々決勝ハイライト

( 8月19日追記 )
錦織 圭(5) vs バーナード・トミック
0-2 (6-7)(6-7) バーナード・トミック

錦織選手の3回戦、
B・トミックに対して第1・第2セットともにタイブレークで惜しくも敗退です。
やはり相当疲労が溜まっているみたいで終始疲れた表情の錦織選手。
それでも1stサーブやショットの感じはそれほど悪くはなかったようで、
1stサーブ確率は66%、ポイント獲得率は70%、
ウイナーの数も35本と多い半面、アンフォーストエラーも同じ数の35本。
早く終わらせたいからか、いつもよりネットに出るシーンも多かったように見えます。
ただタイブレークのような競ったシーンではやはり疲労からかミスもあって
残念ながらトミックに惜敗しました。
しかし試合中はかなり辛そうな状態で肩で息をつく場面もあり
明らかにいつもの錦織らしい力を出し切れてないのが見え見えで、
それでここまで接戦を演じるというのは
逆に実力差があることを証明しているようにも感じます。
今日の負けは仕方ないでしょう。

3回戦はナダルがコリッチに完敗、
ワウリンカとツォンガもストレートの敗退と上位シードが次々に敗退。
ワウリンカは元々体調に疑問もあり、ナダルとツォンガはやはりリオの疲労が敗因でしょうか。
もっとも全米オープンに向けて無理しない、という思惑も見え隠れしますが・・・、
錦織選手も来週ゆっくり体を休めて全米オープンに備えて欲しいものです。

錦織・トミック戦スタッツ

ラファエル・ナダル(3) vs ボルナ・コリッチ
0-2 (1-6)(3-6) ボルナ・コリッチ

スタン・ワウリンカ(2) vs グリゴール・ディミトロフ
0-2 (4-6)(4-6) グリゴール・ディミトロフ

ジョーウィルフリード・ツォンガ(7) vs スティーブ・ジョンソン
0-2 (3-6)(6-7) スティーブ・ジョンソン

ミロシュ・ラオニッチ(4) vs 杉田 祐一
2-1 (6-1)(3-6)(6-1) ミロシュ・ラオニッチ(4)

マッチスタッツ
http://goo.gl/r3oEoS

錦織3回戦敗退、トミックにストレート負け/詳細
日刊スポーツ

内田 暁さんのコラム
シンシナティ現地リポ:
身体は限界、でもケガにつながる痛みなし。3回戦敗退も最大のターゲットは全米

シンシナティ現地レポ:
“幸運なる敗者”の土居美咲、全米オープンのシード確保へ

ウエスタン&サザンオープン5日目・3回戦ハイライト

( 8月18日追記 )
錦織 圭(5) vs ミハイル・ユージニー
2-0 (6-3)(6-2) 錦織 圭(5)

錦織選手の2回戦・ユージニー戦、
やはりリオ五輪の疲れがあったのか、第2セット第5ゲームの後に
メディカルタイムアウトを取って首筋をマッサージされてました。
それでも試合は比較的安心して観ていられる内容で
得意の片手バックハンドのミスも多かったユージニーに比べてアンフォーストエラーも少なく
ユージニー・32に対して錦織・14でしたが、
第2セットはユージニー・17に対して錦織はわずかに4です。
サービスも好調で、1stサーブ確率は第1セット62%、第2セット79%で全体で70%、
1st Serve Points Wonは76%です。

第1セットは互いにキープが続くも第7ゲームをリオでも何度も炸裂した
錦織得意のバックのダウン・ザ・ラインでブレークに成功すると、
第9ゲームも再びブレーク、6-3で第1セットを先取。

第2セットはいきなり第1ゲームで15-40から3度のデュースに持ち込まれて
4回のブレークポイントを握られるも、ピンチになったところでサービスポイントで挽回、
最後もエースを決めて第1ゲームを何とか凌ぎ切りました。
すると第2ゲームをまたも鮮やかなバックのダウン・ザ・ラインと
サービスポイントでブレークに成功。
その後は互いにキープが続くも・・・5-2で迎えたユージニーの第8ゲームを再びブレーク。
ここも最後はバックの見事なクロスウィナーを決めて6-2。
2-1で危なげなく2回戦に勝利しています。

3回戦はB・トミック(オーストラリア・21位)との対戦です。
錦織選手とトミックの対戦成績は2勝1敗、
2016年 ブリスベン国際(QF) 3-6・6-1・3-6 トミック
2015年 ブリスベン国際(QF) 6-0・6-4 錦織
2012年 ロンドン・オリンピック(R64) 7-6・7-6 錦織

今年1月のブリスベンで敗退したのは記憶に新しいところですが、
この大会は今年初戦であくまで全豪オープンの前哨戦という調整の大会なので
あまり参考にはならないかと思います・・・しかも相手は地元のトミック。
事実、全豪オープンではQFでジョコビッチに敗れはしたもののベスト8です。
ここも決めてくれるでしょう。

マッチスタッツ
http://goo.gl/UZiXgI

錦織、銅メダル獲得後初戦でストレート勝ち/詳細
日刊スポーツ

杉田 祐一 vs アレキサンダー・ズベレフ
2-1 (6-7)(6-4)(6-2) 杉田 祐一

土居 美咲 vs クリスティナ マクヘール
2-1 (2-6)(6-3)(6-4) 土居 美咲

内田 暁さんのコラム
シンシナティ現地リポ:
錦織圭、「身体と相談しながら」のトーナメントでストレート勝利の省エネ発進

シンシナティ・マスターズレポ:
10年戦士の杉田祐一、過酷なダブルヘッダーを制し初のマスターズ3回戦へ

錦織圭・2回戦ハイライト&日本語インタビュー

ウエスタン&サザンオープン4日目・2回戦ハイライト



スポンサードリンク




( 8月17日追記 )
ミハイル・ユージニー vs テイラー・フリッツ
2-0 (6-1)(6-3) ミハイル・ユージニー

錦織選手の2回戦の相手はミハイル・ユージニー(ロシア・68位)に決まりました。
錦織選手とユージニーとの過去の対戦成績は1勝1敗、
2015年 マイアミ・オープン(R64) 6-2・6-1 錦織
2013年 ゲリー・ウェバー・オープン(ハレ・R16) 1-6・7-6・3-6 ユージニー

現在34歳のユージニーは2008年には自己最高ランキング8位まで昇り詰めた選手です。
2006年と2010年の全米オープンで2度のベスト4、
さすがに年齢的に最近の成績は今一歩も
2014年の全豪オープンではベスト8に入っています。
フェデラーのような片手バックハンドが特徴的で
スライスとトップスピンを使い分けるショットを得意にしている
パワータイプのグラウンドストローカーです。
現状ではストローク戦になれば錦織選手にアドバンテージがあるでしょう。

ウェスタン&サザン・オープン 錦織圭インタビュー

リオ五輪銀メダルのデルポトロ、ワイルドカードで全米OP出場へ

ウエスタン&サザンオープン3日目・1回戦ハイライト

ウエスタン&サザンオープン2日目・1回戦ハイライト



( 8月15日追記 )
ジョコビッチは左手首の怪我でシンシナティ欠場です。

錦織圭
出展:http://chum2001.jugem.jp/?eid=71

8月15日~8月21日
ウエスタン&サザンオープン(シンシナティ・マスターズ)2016
開催地:シンシナティ(アメリカ・オハイオ州)
会場:リンドナー・ファミリー・テニスセンター
サーフェス:屋外ハードコート
ドローサイズ:56
ツアーカテゴリー:ATPマスターズ1000
賞金総額:$4,362,385
大会公式サイト:http://www.cincytennis.com/

大会日程:8月15日(月)~8月21日(日)

ウエスタン&サザンオープンは古くはシンシナティ・オープンと1899年から開催されている
アメリカ最古とも言える由緒あるテニストーナメント大会です。
またシンシナティ・マスターズというとジョコビッチが唯一優勝していない
マスターズとしても知られています。
今年はリオオリンピックの初戦敗退で期待されたゴールデンスラム達成はならず、
今回はここを優勝してゴールデンマスターズ達成となるか、注目されます。
昨年のこの大会は決勝でフェデラーがジョコビッチを破って優勝、
フェデラーにとっては2005年以降、7回も優勝しているゲンの良い大会で、
ジョコビッチにとっては5回の準優勝でそのうちの3回はそのフェデラーに阻まれていて
残りの2回はマレーに優勝をさらわれています。
したがって今年のフェデラーの欠場はジョコビッチにとっては絶好のチャンスとなるでしょう。

また錦織選手にしても昨年欠場のため今年は失効ポイントが全くありません。
全米オープンの前哨戦とは言え、大きくポイントを稼ぐチャンスでもあります。
最新ランキングではラオニッチに逆転を許して7位に後退していますが、
錦織:4390、ラオニッチ:4465ポイントでその差はわずか75ポイント。
ただ昨年のラオニッチも1回戦でF・ロペスに敗退しているので失効はわずか10ポイント、
実質、65ポイントしか差がないので逆転は十分です。
さらに全米オープンの第4シードを獲得するにはナダルを逆転しなければなりません。
ナダルの昨年のシンシナティはR16でF・ロペスに敗退で失効は90ポイント。
錦織選手との差は単純計算で460ポイントですから、
準優勝で600ポイント獲得なら可能性は十分あります。
ちなみに錦織の「Race To London」は現在4位なのでツアーファイナル出場は大丈夫でしょう。

今回の上位シードは次のようになります。
1 ノバク・ジョコビッチ(1) 16040
2 アンディ・マレー(2) 10065
3 スタン・ワウリンカ(4) 5035
4 ラファエル・ナダル(5) 4940
5 ミロシュ・ラオニッチ(6) 4465
6 錦織 圭(7) 4390
7 トマシュ・ベルディヒ(8) 3660
8 ジョーウィルフリード・ツォンガ(9) 2995
(ランキングは8月8日更新)
※ジョコビッチはシンシナティ欠場です。

錦織選手のウエスタン&サザンオープン
(シンシナティ・マスターズ)成績

錦織選手はウエスタン&サザンオープンは2011年から出場しています。
・2011年 ランキング52位で出場
Q1:ジョアン・ソウザ(ブラジル・90) 6-1・6-4
Q2:ミハイル・ククシュキン(カザフスタン・62) 6-3・6-4
R64:ダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン・66) 4-6・4-6

2011年は肩の故障でウィンブルドン以降、デビスカップのみに出場で他は欠場、
予選からの本戦出場でしたが1回戦敗退しています。

・2012年 ランキング18位で出場
R64:マルセル・グラノリェルス(スペイン・25) 6-1・6-2
R32:ジェームズ・ブレーク(アメリカ・106) 2-6・6-4・6-4
R16:スタン・ワウリンカ(スイス・26) 3-6・3-6

今年と同じオリンピックイヤーでしたが、この年はウィンブルドン3回戦でデルポトロに敗退、
ロンドン五輪でもベスト8進出もまたもデルポトロに敗退した年でした。
2回戦は2008年に224位の錦織がデルレイビーチで破って一気にメディアの注目を集めた
元世界第4位のジェームズ・ブレークに勝利したもののワウリンカに3回戦で敗退、
2012年のマスターズは唯一マイアミで4回戦進出があるだけで他は全て2~3回戦での敗退です。

・2013年 ランキング12位で出場
R64:フェリシアーノ・ロペス(スペイン・27) 4-6・6-7

第10シードでの出場ながら1回戦でF・ロペスに敗退、
次の全米オープンでもD・エバンス(イギリス・129位)に初戦敗退しています。
2013年はトップ10への重圧と「テニスを楽しめない」錦織選手のメンタルに異変が・・・
結果的に年末のマイケル・チャンコーチの加入に繋がっていきます。

・2014年・2015年 欠場

ウエスタン&サザンオープン
(シンシナティ・マスターズ)2016
ドロー・トーナメント表

ウエスタン&サザンオープン2016の組み合わせドローが発表になりました。
大会ドロー表は随時更新していきます。
トーナメント表はA・Bの2ブロックになります。
黄色枠が第1~第4シードの選手、青枠が第5~第8シードの選手です。
※Q:予選通過者 W:ワイルドカード(主催者推薦) PR:プロテクトランキング L:ラッキールーザー

8月22日(月)ウエスタン&サザンオープン7日目 決勝試合予定
アンディ・マレー(1) vs マリン・チリッチ(12) 5:00~

ウエスタン&サザンオープン2016 ドロー・トーナメント表 A
ウエスタン&サザンオープン(シンシナティ・マスターズ)2016 ドロー・トーナメント表

ウエスタン&サザンオープン2016 ドロー・トーナメント表 B
ウエスタン&サザンオープン(シンシナティ・マスターズ)2016 ドロー・トーナメント表

スポンサードリンク




錦織選手は第5シード、トップハーフに入っています。
準々決勝でマレーと対戦する組み合わせです。
錦織選手は一応ランキング通りに対戦が進むと仮定すると、
次のような対戦になります。

2回戦   VS テイラー・フリッツ(アメリカ・56)

3回戦   VS ダビド・ゴフィン(ベルギー・13)

準々決勝 VS アンディ・マレー(イギリス・2)

準決勝  VS ミロシュ・ラオニッチ(カナダ・6)

決  勝  VS スタン・ワウリンカ(スイス・4)

錦織選手の初戦・2回戦は地元アメリカの新鋭、テイラー・フリッツ(56位)との対戦になります。
フリッツとは今年2月のメンフィス・オープンの決勝で対戦していて
ストレートで錦織選手が勝っています。
18歳の若さながらランキング56位で将来的にはトップ20に入ってくる選手として期待されていますが、
現在はまだ錦織選手には及ばないのが現状です。
過去の対戦成績は1勝0敗、
メンフィス決勝での対戦のみです。

3回戦はダビド・ゴフィン(ベルギー・13位)との対戦でしょう。
ゴフィンとの過去の対戦成績は3勝0敗、
対戦はすべて2015年で昨年に3回、顔合わせをしています。
2015年 ロジャーズ・カップ(モントリオール・R16) 6-4・6-4 錦織
2015年 マドリード・オープン(R32) 6-2・4-6・6-4 錦織
2015年 マイアミ・オープン(R16) 6-1・6-2 錦織

今年はウィンブルドン4回戦進出、全仏オープンはベスト8、
マスターズはローマ、マイアミでベスト8、インディアンウェルズではベスト4と
安定した成績を残して錦織選手に追いつきかねない勢いですが・・・、
昨年の錦織選手との3戦を観た限りではプレーが雑でまだ差があったように思えます。
今年になってどのくらい強くなっているのか、確認する意味でも対戦を見守りたい選手です。

ゴフィンに勝てば次はマレー戦です。
ジョコビッチ、フェデラーが不在でマスターズ優勝のチャンスかと思いきや、
ラオニッチ、ワウリンカの前にQFで対戦してしまうのは厳しいドローですが
マスターズやGS制覇には必ず倒さなければいけない相手でもあるので、熱戦を期待しましょう。

ちなみにマレーとは1勝6敗、(8月13日現在)
2016年 デビスカップ WG(RR) 5-7・6-7・6-3・6-4・3-6 マレー
2015年 ロジャーズ・カップ(SF) 3-6・0-6 マレー
2015年 マドリード・オープン(SF) 3-6・4-6 マレー
2014年 ツアーファイナル(RR) 6-4・6-4 錦織
2013年 ブリスベン国際(SF) 4-6・0-2(RET) マレー
2012年 全豪オープン(QF) 3-6・3-6・1-6 マレー
2011年 上海マスターズ(SF) 3-6・0-6 マレー

今年のデビスカップの熱戦は勝利が近いことを予感させるすばらしい試合だっただけに
ここはぜひとも勝利して欲しいものです。

●ウエスタン&サザンオープン 過去10年の優勝・準優勝選手
ウエスタン&サザンオープン 過去10年の優勝・準優勝選手

過去10年の結果を見ての通りフェデラーが圧倒的な強さを示しています。
フェデラーは2005年にも優勝しているのでこの大会は7回の優勝を誇りますが
今年はジョコビッチとともに、残念ながらの欠場。
そうなれば優勝の行方はマレーが有力でしょうが、
2013年に準優勝しているジョン・イスナーの存在が目を引きます。
いつも注目しているようにアメリカ国内のハードコートでは常に強さを発揮してくる選手だけに
今年も台風の目となるかもしれません。

ウエスタン&サザンオープン
(シンシナティ・マスターズ)2016
放送予定・試合日程は?

試合日程:8月15日(月)~8月21日(日)

ウエスタン&サザンオープン2016 試合日程・時間(日本時間)
ウエスタン&サザンオープン 1回戦 8月15日(月)・16日(火)
ウエスタン&サザンオープン 2回戦 8月16日(火)・17日(水)
ウエスタン&サザンオープン 3回戦 8月18日(木)
ウエスタン&サザンオープン 準々決勝 8月19日(金)
ウエスタン&サザンオープン 準決勝 8月20日(土)
ウエスタン&サザンオープン 準決勝 8月21日(日)

日本とシンシナティの時差13時間です。
日本の方が13時間進んでいて現地時間の13時間後が日本時間になります。
したがって試合の放送時間は深夜から午前中にかけてになりそうです。

テレビ放送の予定はマスターズ1000なので
NHK・BS1とGAORAで放送予定です。
NHKでは今のところ準決勝と決勝の放送予定しか発表されていません。
今年はリオオリンピックと重なるためいつもの2回戦以降の放送は未定です。
GAORAも8月15日(月)から連日ライブ放送されます。

NHK 放送時間 (日本時間)
ウエスタン&サザンオープン 準決勝
8月21日(日) BS1・8:00~(ライブ)
ウエスタン&サザンオープン 準決勝
8月22日(月) BS1・5:00~(ライブ) 17:00~(録画)
http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennis/index.html

GAORA 放送時間 (日本時間)
ウエスタン&サザンオープン 1回戦
8月15日(月) 24:00~7:00(デイセッション・ライブ)
8月16日(火) 8:00~12:30(ナイトセッション・ライブ)

ウエスタン&サザンオープン 1・2回戦
8月16日(火) 24:00~7:00(デイセッション・ライブ)
8月17日(水) 8:00~12:30(ナイトセッション・ライブ)

ウエスタン&サザンオープン 2回戦
8月17日(水) 24:00~7:00(デイセッション・ライブ)
8月18日(木) 8:00~12:30(ナイトセッション・ライブ)

ウエスタン&サザンオープン 3回戦
8月18日(木) 24:00~12:00(デイセッション・ライブ)

ウエスタン&サザンオープン 準々決勝
8月19日(金) 24:00~7:00(デイセッション・ライブ)
8月20日(土) 9:30~13:00(ナイトセッション・ライブ)

ウエスタン&サザンオープン 準決勝
8月21日(日) 7:58~13:00(ライブ)

ウエスタン&サザンオープン 決勝
8月21日(日) 28:58~8:30(ライブ)
http://www.gaora.co.jp/tennis/2217760

NHK・GAORAで観れない試合はインターネット中継で観戦しましょう。

ウエスタン&サザンオープン2016を
インターネット中継でPCで観戦する方法

GAORA・NHKで観ることのできない試合は
インターネット中継でPCで観戦しましょう。
下記の海外ストリーミングサイトで無料で観戦できます。

試合当日に試合名のリンクをクリックしましょう。
ただし、試合直前までリンクは表示されません。

「fromHOT.com」http://www.sportcategory.com/c-4.html

クリックすると視聴画面に23?25秒程度の広告が表示されます。
広告上部に秒数カウントが表示されますので、
それが0になって終了したら小さな × 印が表示されます。
その × 印をクリックして広告を消去すれば視聴できます。

何かソフトをインストールすることを薦めるような広告が表示されても
念のためダウンロードやインストールはしないようにしましょう。
またGoogle Chromeを使われている場合、
赤い警告画面が出ることがありますが、
何もインストールやダウンロードをしなければ問題ありません。
「詳細」をクリックして「このサイトにアクセスする」をクリックしてください。

次のサイトでも観戦することができます。

「HAHASPORT.COM」http://www.hahasport.com/c-4.html

観戦方法は上記サイトと全く同じで、広告を消去してから観戦してください。

テニス以外でも世界中のスポーツ大会が観戦できる
とても便利なサイトです。
上手に使ってライブ中継を楽しみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする