ウィンブルドン2016 ドロー・トーナメント表 放送日程

6月27日からウィンブルドン2016(全英オープン)が開幕されます。
ゲリー・ウェバー・オープンではプイユ戦で傷めた左脇腹の故障で大事をとって棄権。
昨年も筋膜炎で結果的にハレとウィンブルドンの2大会を棒に振ってしまった
その轍を再び踏まないための早目の決断だったように思われますが、
本来、今年はMSとGSを重点的に出場して行くとのプランもあり
錦織陣営のウィンブルドンに賭ける意気込みが伝わってくるようです。
ハレではやはり芝への調整不足か、シード勢が次々と離脱していく中、
錦織選手の1回戦は芝への対応も全く問題なかったように思われ
今年は昨年以上の成績が期待できます。

スポンサードリンク




( 7月11日追記 )
アンディ・マレー(2) vs ミロシュ・ラオニッチ(6)
3-0 (6-4)(7-6)(7-6) アンディ・マレー(2)

ウィンブルドン決勝・マレー vs ラオニッチ ハイライト

内田暁さんのコラム
錦織の「最大のライバル」ラオニッチが示した、
“ポスト・ビッグ4時代”到来の気配

( 7月9日追記 )
ロジャー・フェデラー(3) vs ミロシュ・ラオニッチ(6)
2-3 (3-6)(7-6)(6-4)(5-7)(3-6) ミロシュ・ラオニッチ(6)

ウィンブルドン準決勝・フェデラー vs ラオニッチ ハイライト

アンディ・マレー(2) vs  vs トマシュ・ベルディヒ(10)
3-0 (6-3)(6-3)(6-3) アンディ・マレー(2)

ウィンブルドン準決勝・マレー vs ベルディヒ ハイライト

( 7月8日追記 )
内田暁さんのコラム
マイケル・チャンは言う。「錦織圭の夏は全米オープンが最優先だ」

( 7月7日追記 )
ロジャー・フェデラー(3) vs マリン・チリッチ(9)
3-2 (6-7)(4-6)(6-3)(7-6)(6-3) ロジャー・フェデラー(3)

ウィンブルドン準々決勝・フェデラー vs チリッチ ハイライト

ミロシュ・ラオニッチ(6) vs サム・クエリー(28)
3-1 (6-4)(7-5)(5-7)(6-4) ミロシュ・ラオニッチ(6)

ウィンブルドン準々決勝・ラオニッチ vs クエリー ハイライト

トマシュ・ベルディヒ(10) vs ルーカス・プイユ(32)
3-0 (7-6)(6-3)(6-2) トマシュ・ベルディヒ(10)

ウィンブルドン準々決勝・ベルディヒ vs プイユ ハイライト

アンディ・マレー(2) vs ジョーウィルフリード・ツォンガ(12)
3-2 (7-6)(6-1)(3-6)(4-6)(6-1) アンディ・マレー(2)

ウィンブルドン準々決勝・マレー vs ツォンガ ハイライト

内田暁さんのコラム
土居美咲、全英16強の陰に新コーチあり
トップ10も視野、“挑戦の継続”で成長

神仁司さんのコラム
ウインブルドンを終えた錦織圭。
夏の超過密スケジュールには、
プロとして最良の選択と最前の決断を!

( 7月5日追記 )
錦織 圭(5) vs マリン・チリッチ(9)
棄権 (1-6)(1-5) マリン・チリッチ(9)

錦織8強逃す、無念の途中棄権
日刊スポーツ
棄権の錦織「比べものにならないほど痛み」一問一答

錦織選手のコメント・・・見た目以上に痛みが酷かったみたいです。

グランドスラムじゃなかったら1回戦から出なかった。
最初から、かなり痛みがあった。
グランドスラム、特にウィンブルドンでがんばりたいというモチベーションだけだった。
引用:http://www.nikkansports.com/sports/news/1673402.html

7月25日からはトロントでロジャーズ・カップが開幕、
その後のリオ五輪は体調次第ということですが・・・
錦織はプロなのでツアーの方がずっと大事。
はっきり言ってリオ五輪なんか、無理して出なくてもいいと思いますが・・・。

【インタビュー】錦織圭/4回戦後 ウィンブルドンテニス2016

( 7月3日追記 )
ジョコビッチ、3回戦でクエリーに敗退
ノバク・ジョコビッチ(1) vs サム・クエリー(28)
1-3 (6-7(1-6)(6-3)(6-7) サム・クエリー(28)


ジョコビッチ、サム・クエリー戦 マッチスタッツ
出展:http://www.wimbledon.com/en_GB/players/overview/atpq927.html

錦織 圭(5) vs アンドレイ・クズネツォフ
3-0 (7-5)(6-3)(7-5) 錦織 圭(5)

第1セット
錦織・クズネツォフ戦 第1セットスタッツ

第2セット
錦織・クズネツォフ戦 第2セットスタッツ

マッチスタッツ
錦織・クズネツォフ戦 マッチスタッツ
出展:http://www.wimbledon.com/en_GB/players/overview/atpn552.html

いつもの早期敗退がジョコビッチの負けるのパターンです。
これでトップハーフは誰が決勝に進むのか、
錦織にもチャンスが出てきたのではないでしょうか。
その錦織の3回戦はランキング42位のクズネツォフですが、
恵みの雨のせいか、1回戦・2回戦の体調が今一歩かと思われる試合と違って
錦織らしい内容の勝利だったように思います。

第1セットも第7ゲームで先にブレークを許すも第8ゲームですぐにブレークバック。
第3セットでも第2ゲームをブレークされるも第5ゲームにブレークバックと
試合を見ていて心配しなくていい錦織の安定感のある展開で
時折クズネツォフにすばらしいウィナーを決められるも・・・多彩な錦織のショットには
やや格上感が漂っていました。
第1セット:1stサーブ確率83%、1st Serve Points Wonは72%
第2セット:1stサーブ確率62%、1st Serve Points Wonは75%
いずれも今日は1stサーブが好調で2nd Serve Points Wonも60%・80%と高く
またアンフォーストエラーもクズネツォフ37に対して錦織はわずか14です。

次の4回戦はチリッチとの対戦で対戦成績は10戦7勝3敗、
ただ直近の2戦は負けていません。
しかし芝での対戦は一度もなく、
ちなみにチリッチのルカシュ・ラツコとの3回戦では
1st Serve Points Wonが43/44でなんと98%、
Net Points Wonも9/10で90%といずれも驚異的な数字で
錦織にとってはまずはストローク戦にもっていけるかがポイントになりそうです。

土居 美咲 vs アンナレナ・フリードサム
2-0 (7-6)(6-3) 土居 美咲
土居選手、次は全豪オープンで悔しい思いをしたケルバーとの対戦です。
リベンジして欲しいです。

【インタビュー】錦織圭 コートサイド/3回戦後

錦織が2年ぶり4回戦へ/ウィンブルドン詳細
日刊スポーツ

内田暁さんのコラム
錦織圭の勝機は「スライス」にあり。初のベスト8をかけチリッチ戦へ

ウィンブルドン3回戦・ノバク・ジョコビッチ vs サム・クエリー ハイライト


スポンサードリンク



( 7月2日追記 )
今年はミドルサンデーも試合するようです。
https://twitter.com/Wimbledon/status/748966960277417984

ウィンブルドン2016・5日目ハイライト

( 7月1日追記 )
錦織 圭(5) vs ジュリアン・ベネトー
3-1 (4-6)(6-4)(6-4)(6-2) 錦織 圭(5)


錦織・ベネトー戦スタッツ
出展:http://www.wimbledon.com/en_GB/players/overview/atpn552.html

錦織選手の2回戦、ジュリアン・ベネトーとの対戦は
第1セットを落としたものの第2セット第7ゲームをブレークしてからは完全に錦織ペースの展開。
第3セットも第5・第7ゲームを続けてブレーク、
錦織が主導権を握りながら試合が進んでいきます。
ベネトーもベテランらしい粘りを時折見せていましたがやはり力差は歴然、
多彩な錦織の攻めに追いついていかない感じです。

脇腹の痛みが心配される中、
1stサーブ確率は55%、1st Serve Points Wonは80%です。
各セット別では・・・
第1セット:1stサーブ確率:56%、1st Serve Points Wonは80%
第2セット:1stサーブ確率:55%、1st Serve Points Wonは88%
第3セット:1stサーブ確率:62%、1st Serve Points Wonは83%
第4セット:1stサーブ確率:48%、1st Serve Points Wonは75%

いずれも1stサーブのポイント獲得率が高く安定感は抜群、
またウィナーの数もベネトー29に対して錦織48と圧倒していました。

次の3回戦はアンドレイ・クズネツォフ(ロシア・42位)との対戦です。
錦織選手の対戦成績は1勝1敗、
直近では今年の全仏オープンでストレートで勝っています。
2016年 全仏オープン(R64) 6-3・6-3・6-3 錦織
2010年 AEGON国際オープン(イーストボーン・R32) 4-6・1-3・RET ベネトー

クズネツォフは2009年ウィンブルドン・ジュニアで優勝している選手で
芝が得意という選手ですがその後のウィンブルドンでは2014年の3回戦進出が最高です。
自己最高ランキングは35位、
おそらく再び今日のようなストローク線になると思われますが
試合は7月1日(金)で連戦になるので
心配な左脇腹の痛みがなければ大丈夫かと思います。

またディミトロフがシモンに勝利しています。
このところスランプでランキングを落としているディミトロフですが、
そもそもシャラポアとつき合ってラケットを変えたあたりからずっと不調続きです。
2014年のウィンブルドン・ベスト4の実績通り芝でこそ真価発揮で
ここはそろそろ復活して欲しいです。

錦織センターコートで初勝利/ウィンブルドン詳細
日刊スポーツ

内田暁さんのコラム
ウィンブルドン2回戦、錦織圭のセンターコート初勝利の一戦を、
対戦相手のJ・ベネトーの視点から見てみる

土居美咲がシード選手を破り5年ぶりの3回戦進出!身にまとう余裕は成長の証

ウィンブルドン2回戦・錦織 圭 vs ジュリアン・ベネトー ハイライト

ウィンブルドン2回戦・グリゴール・ディミトロフ vs ジル・シモン ハイライト

( 6月30日追記 )
錦織選手の2回戦、ベネトー戦は4日目に順延になりました。

ロジャー・フェデラーvs マーカス・ウィルス ハイライト

( 6月29日追記 )
地元はマーカス・ウィリスで盛り上がっているみたいです。
まるで映画のようなストーリーです♪
今夜2回戦、フェデラー対イギリスのテニスコーチ、ウィリス
大会初日にジョコビッチより、フェデラーより話題をさらったマーカス・ウィリス
世界772位の無名選手がウィンブルドンで快進撃、2回戦の相手フェデラーも称賛

Moment of victory for world No.775 Marcus Willis

ウィンブルドン2016・2日目ハイライト

( 6月28日追記 )
錦織 圭(5) vs サム・グロス
3-0 (6-4)(6-3)(7-5) 錦織 圭(5)

錦織選手のサム・グロスとのウィンブルドン1回戦、
第2セット後にMTOで左脇腹のマッサージを受けていたところを見ると
やはり100%の調子ではなかったように思いますが
まずここは格の違いで勝ったような結果です。


錦織・グロス戦スタッツ
出展:http://www.wimbledon.com/en_GB/players/overview/atpn552.html

サービスエース:錦織1 グロス・15
1stサーブ確率:錦織・68% グロス・52%
1st Serve Points Won:錦織・62% グロス・67%
2nd Serve Points Won:錦織・61% グロス・47%
ウィナー:錦織・31 グロス・30
アンフォーストエラー:錦織・22 グロス・29

2回戦はジュリアン・ベネトー(フランス・547位)との対戦になります。
ベネトーとの対戦成績は3勝1敗、
2014年 マレーシア・オープン(F) 7-6・6-4 錦織
2013年 パリ・マスターズ(R64) 6-4・6-2 錦織
2012年 全豪オープン(R32) 4-6・7-6・7-6・6-3 錦織
2007年 レッグ・メーソン・テニス・クラシック(R32) 2-6・3-6 ベネトー

シングルスではツアー優勝はないもののダブルスでは2014年全仏オープン優勝、
ウィンブルドン・シングルスでは2010年の4回戦進出が最高成績です。
自己最高ランキングは2014年の25位で昨年に大腿部の手術で1年間ツアーから離脱、
大きくランキングを落としているのはそのためで決して547位が実力ではありません。
ただ錦織選手と同じストローカータイプなので相性はいいはずで、
過去に芝での対戦はありませんがさすがに今のベネトーでは格が違うでしょう。
3回戦に向けて楽勝して欲しいです。

【インタビュー】錦織圭 コートサイド/1回戦後 ウィンブルドンテニス2016

錦織がグロート下し初戦突破/ウィンブルドン詳細
日刊スポーツ

錦織圭「チケットの元はとれたかな」
ウィンブルドン初戦を面白くした創意。

ウィンブルドン1回戦・錦織 圭 vs サム・グロス ハイライト

ウィンブルドン2016・1日目ハイライト

内田暁さんのコラム
松岡修造いわく「相性は悪くない」。錦織圭が苦手な芝を克服するカギ
相手が打つよりも先に動く。錦織圭の頭脳的な「サーブ誘導術」

神仁司さんのコラム
「最低やっぱり、(ベスト)8、4に入るのが目標としてはあります」
錦織圭2016ウインブルドンに挑む!

山口奈緒美さんのコラム
ジョコビッチとマレーの2強堅く、フェデラーの復調具合と若手の台頭にも注目
快進撃の端緒となった相手に不戦敗。
ハレ大会優勝のメイヤーと錦織の因縁。


錦織圭
出展:http://chum2001.jugem.jp/?eid=71

6月27日~7月10日
ウィンブルドン2016(全英オープン)
開催地:ロンドン(イギリス)
会場:オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ
サーフェス:グラスコート(芝)
ドローサイズ:128
ツアーカテゴリー:グランドスラム
大会公式サイト:http://www.wimbledon.com/index.html

大会日程:6月27日(月)~7月10日(日)

ウィンブルドンは1877年から始まった世界最古のテニス大会です。
その伝統と格式が重んじられることでも有名で
ウィンブルドン独自のいくつかのルールが設定されています。

1、試合や練習の際には白を基調としたウェアを着用するという
  ドレスコードが義務づけられています。
2、開催期間中に第1週と第2週の間の日曜日をミドル・サンデーと呼んで休養日になります。
3、大会シードは他の4大大会と異なって独自のルールで決定します。

この中で他のグランドスラムと決定的に異なるのが大会シードの独自ルールです。
通常のツアー大会ではシードは前週のランキングに基いて決められますが、
ウィンブルドンでは特例的に過去の芝の成績がポイントに加算されるという
独特のシード設定ルールが存在しているため単純にランキングだけでは決定されません。

ウィンブルドンのシードの決め方

(1)ウィンブルドン前週までのランキングポイント
今年は6月20日付のランキングポイントになります。

(2)過去1年間の芝コートのトーナメント総合ポイント
2015年のウィンブルドンと今年のクイーンズやハレ、
また昨年から芝の大会に変更になったメルセデス・カップなどが含まれます。

(3)前々年度からの芝コートで1番良い成績だった大会のポイントの75パーセント
2014年のウィンブルドンと2015年のクイーンズやハレの大会などが含まれます。

対象となる大会はウィンブルドン、ハレ、クイーンズの他には
シュツットガルト、スヘルト?ヘンボス、ニューポート、ノッティンガムなどで
(1)+(2)+(3)が今年のウィンブルドンのシードを決める基準ポイントになります。

今年の注目はやはりドミニク・ティエムの躍進です。
ハレでSF進出のティエムは第8シード以内が確定、
準優勝のズベレフも19歳ながら初シード確定です。
今年はナダルが左手首の故障で欠場のため錦織選手は第5シードと思われますが
ウィンブルドンのシード選手の発表は6月22日(水)になります。

錦織選手の過去のウィンブルドン成績

・2008年 ランキング103位で出場
R128:マルク・ジケル(フランス・53) 6-4・5-7 RET
グランドスラム初出場ながら腹筋の肉離れで途中棄権。

・2010年 ランキング189位で出場
R128:ラファエル・ナダル(スペイン・1) 2-6・4-6・4-6
2009年を3月から右肘故障で戦線離脱していたためワイルドカードで出場するも、
1回戦でいきなり当時ランキング1位のナダルと対戦、ストレートで敗退。

・2011年 ランキング52位で出場
R128:レイトン・ヒューイット(オーストラリア・130) 1-6・6-7・7-6・3-6
1回戦で元世界ランキング1位のヒューイットに1-3で敗退。

・2012年 ランキング20位で出場
R128:ミハイル・ククシュキン(カザフスタン・52) 7-5・6-3・6-4
R64:フロラン・セラ(フランス・137) 6-3・7-5・6-2
R32:ファン・マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン・9) 3-6・6-7・1-6
4月・バルセロナでの腹筋肉離れが回復せずハレを見送り2ヶ月ぶりのぶっつけ本番。
調整不足も・・・3回戦まで進出。

・2013年 ランキング11位で出場
R128:マシュー・エブデン(オーストラリア・110) 6-2・6-4・6-3
R64:レオナルド・メイヤー(アルゼンチン・84) 7-6・6-4・6-2
R32:アンドレアス・セッピ(イタリア・28) 6-3・2-6・7-6・1-6・4-6

・2014年 ランキング12位で出場
R128:ケニー・デ シェパー(フランス・73) 6-4・7-6・7-5
R64:デニス・クドラ(アメリカ・136) 6-3・6-2・6-1
R32:シモーネ・ボレッリ(イタリア・132) 3–6・6-3・4-6・7-6・6-4
R16:ミロシュ・ラオニッチ(カナダ・9) 6-4・1-6・6-7・3-6
2013年末からマイケル・チャンがコーチに就任、
マイアミでフェデラーを破りベスト4、バルセロナ優勝、マドリード準優勝、
ハレ・ベスト4と大躍進でウィンブルドン初のベスト16。

・2015年 ランキング5位で出場
R128:シモーネ・ボレッリ(イタリア・55) 6-3・6-7・6-2・3-6・6-3
R64:サンティエゴ・ヒラルド(コロンビア・60) 棄権
ハレで傷めた左足ふくらはぎの故障で棄権。

今年もハレを棄権してウィンブルドンに向かう錦織選手ですが・・・、
ハレ・棄権後のコメントがHPで聞くことができます。(後半・日本語)
http://www.gerryweber-open.de/gwo_en/CentreCourtTV-presented-by-SAP
※Presskonferenzenをクリック

少し微妙なコメントですが、ウィンブルドンのための「万全な備え」と解釈しましょう。

ちなみに錦織選手の全キャリアのグラスコート通算勝率は58.1%、
クレーコートが71.8%、ハードコートが68.0%と比較すると
残念ながら一番勝率の低いサーフェスになります。
しかし今年はこれまでクレーコートの勝率は17戦13勝4敗で76.5%、
ハードコートの勝率は25戦19勝6敗で76.0%と
通算成績をはるかに上回る高い数字を残して好調をアピール、
芝コートでの勝率アップも期待できる状況ではありますが
唯一、肉体的な故障だけが心配です。

ウィンブルドン2016(全英オープン)
ドロー・トーナメント表

ウィンブルドン2016の組み合わせドローが発表になりました。
大会ドロー表は随時更新していきます。
トーナメント表はA・B・C・Dの4ブロックになります。
準決勝はトップハーフのA・Bブロックが対戦、
ボトムハーフのC・Dブロックがそれぞれ対戦になります。
黄色枠が第1?4シード、青枠が第5?8シードまでの選手です。
※Q:予選通過者 W:ワイルドカード(主催者推薦)

ウィンブルドン2016(全英オープン) ドロー・トーナメント表 A
ウィンブルドン2016(全英オープン) ドロー・トーナメント表

ウィンブルドン2016(全英オープン) ドロー・トーナメント表 B
ウィンブルドン2016(全英オープン) ドロー・トーナメント表

ウィンブルドン2016(全英オープン) ドロー・トーナメント表 C
ウィンブルドン2016(全英オープン) ドロー・トーナメント表

ウィンブルドン2016(全英オープン) ドロー・トーナメント表 D
ウィンブルドン2016(全英オープン) ドロー・トーナメント表


スポンサードリンク



ナダルの欠場で錦織選手は第5シードでの出場、
フェデラーの山に入りました。
錦織選手は一応ランキング通りに対戦が進むと仮定すると、
次のような対戦になります。 

1回戦   VS サム・グロス(オーストラリア・123)

2回戦   VS イリヤ・マルチェンコ(ウクライナ・86)

3回戦   VS パブロ・クエバス(ウルグアイ・25)

4回戦   VS マリン・チリッチ(クロアチア・13)

準々決勝 VS ロジャー・フェデラー(スイス・3)

準決勝  VS ノバク・ジョコビッチ(セルビア・1)

決  勝  VS アンディー・マレー(イギリス・2)

錦織選手の1回戦はサム・グロス(オーストラリア・123位)との対戦になります。
錦織選手とグロスとの対戦成績は1勝0敗、
2015年 シティ・オープン(QF) 6-4・6-4 錦織

1度しか対戦していないので何とも言えないところがありますが、
まず注意すべきは芝で強さを発揮するビッグサーバーだということでしょう。
サム・グロスはランキングは123位ながら2012年に記録した
時速263キロの最速サーブ記録を持っている選手でもあります。
昨年のシティ・オープンでは錦織がストローク戦で上回っていたため
ストレートで勝っていますが果たして芝ではどうでしょうか。
実際、グロスのサーフェス別の通算勝率はやはり芝が一番高く56.5%、
ハードコート・35.6%、クレーコート・20%と比べると断トツで得意なサーフェスです。
いきなり嫌な相手との対戦で要注意です。

2回戦はイリヤ・マルチェンコ(ウクライナ・86位)との対戦でしょう。
錦織選手とマルチェンコとの対戦成績も1勝0敗、
2013年 メンフィス・オープン(R32) 6-4・7-5 錦織

マルチェンコとの対戦は2013年まで遡ります。
ただ今年は1月のカタール1回戦でフェレール、
QFでジェレミー シャルディーに勝利していますが
他には目立った成績もなくここは問題なく突破でしょう。

そして3回戦はパブロ・クエバス(ウルグアイ・25位)との対戦でしょうか。
錦織選手とクエバスとの対戦成績も1勝0敗、
2011年 全米クレーコート選手権(ヒューストン・SF) 6-3・7-5 錦織

なんと2011年まで遡って1勝しているだけです。
ただクエバスとミュラーはちょうど現在行われているノッティンガムのSFで対戦していて
クエバスが2-1で勝利して決勝に進出しています。
クエバスというとどうしてもクレーが得意というイメージなので
ここは芝の得意なミュラーのリベンジもあり得るかも知れません。
むしろ錦織選手としてはクエバスの方がやりやすいと思います。

そして4回戦はチリッチ(クロアチア・13位)との対戦です。
錦織選手とチリッチとの対戦成績も10戦7勝3敗、
ただ2013年から6回対戦していますが、
2014年の全米オープンで痛恨の敗退をした以外はすべて錦織選手の勝利。
昨年も2回対戦していて
2015年 楽天ジャパン・オープン(QF) 3-6・7-5・6-3 錦織
2015年 シティ・オープン(SF) 3-6・6-1・6-4 錦織
芝では一度も対戦していないので
チリッチが来るにしろ、イボ・カルロビッチが来るにしろ・・・、
どちらにしてもビッグサーバーは厄介です。

そして準々決勝はフェデラー戦ですが・・・
錦織選手のウィンブルドンはベスト16が最高なだけに
ぜひともベスト8に進出してフェデラー戦を見てみたいので
ここまでは何としても頑張って欲しいです。

内田暁さんの昨年7月のコラムですが仲々感動的です。
「フェデラーが今なお進化し続ける理由」

●ウィンブルドン(全英オープン)・過去の優勝・準優勝選手
ウィンブルドン(全英オープン)・過去の優勝・準優勝選手

ウィンブルドンの過去の優勝・準優勝選手です。
2003年からにしたのはここからフェデラーの優勝が始まったからです。
なんと2003年から2007年まで5連覇、
さらに2009年は全仏オープンも優勝してキャリアグランドスラムを達成。
この年はナダルが全仏でロビン・セーデリングに4回戦で負けた波乱の年でもありました。
その後2012年も優勝して通算7回の優勝はサンプラスと並ぶ最多優勝です。
ちなみにサンプラスは全仏だけはベスト4が最高でキャリアグランドスラムは達成していません。

ウィンブルドン2016
放送予定・試合日程は?

ウィンブルドン2016 日程:6月27日(月)~7月10日(日)

日本とロンドンの時差は日本の方が8時間進んでいて
現地時間の8時間後が日本時間になります。
したがって試合の放送時間は夕方から未明にかけてになりそうです。

地上波でのテレビ放送は毎年NHK・総合テレビで連日録画で放送されています。
そして例年通り決勝だけはライブ放送の予定です。
http://www.nhk.or.jp/wimbledon/broadcast_schedules.html
また昨年は準々決勝までの試合を1日1試合インターネットでホームペーシ上で
ライブ配信されていましたが今年も配信されるようです。
http://www.nhk.or.jp/wimbledon/

ウィンブルドン2016・NHK放送予定時間(日本時間)

6月28日(火) 深夜 0:10~ 1回戦(時差)
6月29日(水) 深夜 0:10~ 1回戦(時差)
6月30日(木) 深夜 0:00~ 2回戦(時差)
7月1日(金) 深夜 0:10~ 2回戦(時差)
7月2日(土) 深夜 0:10~ 3回戦(時差)
7月3日(日) 深夜 0:05~ 3回戦(時差)
7月5日(火) 深夜 0:10~ 4回戦(時差)
7月7日(木) 深夜 0:10~ 準々決勝(時差)
7月9日(土) 深夜 0:10~ 準決勝(時差)
7月10日(日) 22:00? 決勝(ライブ)
※「時差」はライブに近い時差放送のことです。

WOWOW・ウィンブルドン2016・放送予定時間(日本時間)

ウィンブルドン 1回戦 
6月27日(月) 19:30~ 22:00~ 24:00~(ライブ)
6月28日(火) 19:30~ 24:00~(ライブ)

ウィンブルドン 2回戦
6月29日(水) 19:30~ 24:00~(ライブ) 
6月30日(木) 19:30~ 24:00~(ライブ)

ウィンブルドン 3回戦
7月1日(金) 19:30~ 24:00~(ライブ) 
7月2日(土) 19:30~ 24:00~(ライブ)

ウィンブルドン 4回戦
7月4日(月) 19:30~ 25:00~(ライブ) 

ウィンブルドン 準々決勝
7月6日(水) 20:55~ 25:00~(ライブ)

ウィンブルドン 準決勝
7月8日(金) 21:55~(ライブ) 

ウィンブルドン 決 勝
7月10日(日) 21:45~(ライブ)
http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/wimbledon2016/onair_schedule.html

上記は男子シングルスの放送予定ですが、
男女ダブルス・車いすテニスの試合が途中で入るので
後半日程は少し余裕が出てきます。

NHKやWOWOWで観られない試合は
インターネット中継を利用してPCで観戦しましょう。

ウィンブルドン2016を
インターネット中継でPCで観戦する方法

WOWOW・NHKで観ることのできない試合は
インターネット中継でPCで観戦しましょう。
下記の海外ストリーミングサイトで無料で観戦できます。

試合当日に試合名のリンクをクリックしましょう。
ただし、試合直前までリンクは表示されません。

「fromHOT.com」http://www.sportcategory.com/c-4.html

クリックすると視聴画面に23?25秒程度の広告が表示されます。
広告上部に秒数カウントが表示されますので、
それが0になって終了したら小さな × 印が表示されます。
その × 印をクリックして広告を消去すれば視聴できます。

何かソフトをインストールすることを薦めるような広告が表示されても
念のためダウンロードやインストールはしないようにしましょう。
またGoogle Chromeを使われている場合、
赤い警告画面が出ることがありますが、
何もインストールやダウンロードをしなければ問題ありません。
「詳細」をクリックして「このサイトにアクセスする」をクリックしてください。

次のサイトでも観戦することができます。

「HAHASPORT.COM」http://www.hahasport.com/c-4.html

観戦方法は上記サイトと全く同じで、広告を消去してから観戦してください。

テニス以外でも世界中のスポーツ大会が観戦できる
とても便利なサイトです。
上手に使ってライブ中継を楽しみましょう。


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする